上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合格発表がありました。


結果、合格点は39点


はい。


私は35点・・・・


あと4点ですか・・・・。


ケアレスミスや、二択まで絞って間違えた問題を考えると・・・。


十分射程圏内


だっただけに、悔しい!



甲田特別職への道のりは、まだ遠い・・・・。



気持ちを切り替えて次は英語です。





3つの目標

「英語(TOEIC730点以上)・弁理士・BREITLING」

一番簡単なBREITLINGしか達成しておりません。
スポンサーサイト
LECの解答速報で自己採点しました。


結果は・・・・・・・・・・・・・・・・



36点



でした。


ヤバイ・・・・受かった・・・・・・・・・(汗)





と思っていたら、



今日出た特許庁の正式解答の44番がLECの解答速報の解答と違い・・・・正式には・・・




35点



となってしまいました。ハイ、残念。

最低36点無いと、合格はできませんので(泣)




今回の試験は、大変難しく、予備校の間でも、解答速報の解答がワレにワレました。
それだけに、今年のボーダーは36点と予想されてたんです。



一番信用できるLECで自己採点したのに・・・・。まさかの・・・・・(涙)


いや、昔、私がWセミナーで非常勤講師をしていた頃は、私の中では、悪の化身LEC!!でした。

しっか~し!!こと「弁理士」に関しては、やはりLECですね。ダントツです。





でも、でもですよ。みなさん、いや、「独学のみなさん」喜んでください。



独学でも、半年間「のぶっち流弁理士勉強法」を実践すれば、最低限35点は取れます。実証されました。


いや、子育て等時間の制約が無く、自分の為だけに時間を使えるならば、40点台後半も夢じゃありませんよ。



という事で、のぶっち流勉強法、お試しあれ。




様々な弁理士合格者のブログを拝見するに、35点以上取られた方が、例外なく次の年に受かっているのが唯一の救いです。


今回の試験では、著作権法、不正競争防止法でほぼ満点。条約も7割、メイン4法が5割程度。とまあ普通の点の取り方ではないです。ただ、逆に言えば、メイン4法をしっかりと論文対策もふまえて腰をすえてやれば来年は間違いない気がします。最終合格までのイメージが何となくできました。初受験で得たものも多いです。



5万円の論文対策講座(単科講座)をとるかどうか・・・正直悩んでます
ブログの趣旨からはずれてしまうので、論文も独学でいきたいのですが・・・。
ちょっと面白そうやな・・・・と。う~ん。悩み中。

論文の過去問を見る限り、しっかりと短答対策ができていれば、あとは出そうな制度趣旨だけ特許庁の「青本」(無料)を見ておけば戦えそうなんですけど。



ダンディー甲田への道のりは、まだまだ長い・・・
みなさんお疲れ様でしたっ!!

どうでしたか??

過去の合格点は60問中
平成15年:36点
平成16年:39点
平成17年:41点
平成18年:37点
平成19年:39点
平成20年:39点
平成21年:37点


私の率直な感想は・・・
やっぱ甘く無いな~

3年、4年かかるのが普通の試験ですから。
今年のデータを見ると21年間受けてる人もいるみたいですし。


私、実は、ゴールデンウィーク前に平成21年の過去問を通しでやってみて、その時の点数が22点でして(笑)。もーね、一年分やるのがシンドイのなんの。3時間半で60問でしょ。そしてこれがまた1問の問題文が長い!!

そして、さらにさらに、「正しいものはどれか?」ではなくて「正しいものはいくつあるか?」の問題が多いんです。この問われ方をすると難度がグーンと上がります。

5択のうち、4つの肢を、全て理解できても、残りの1肢が分からなければ、もうアウト。

1→○
2→○
3→○
4→○
5→○??or×?? えいやで○

回答5→答え4 げっ!! 

といった感じで。

「正しいものはどれか?」だと、大げさに言えば4つの肢が分からなくても、決定的な1つの肢がわかればそれで答えを導けます。

だから、単純に5択だからといって60問中1/5の12点を取るのも難しいかもしれません。


まーそれで平成21年の過去問をやった時は、問われてることも難しい上に問題も長く、10問くらい解いた所で、かなり体力的に辛かった・・・・。シンドイ・・・・。と。
それでゴールデンウィークはインフルエンザ?にかかったのかもしれません(笑)


なので今回の試験は、私にとって、ゴールデンウィーク明けてから2週間でどれだけ伸びたか?が問われる試験だったわけです。妻にも無理を言って、この2週間は、仕事後と土日、勉強する時間を頂きました。ありがとう。


さて、肝心な今日の試験ですが、まわりがオッサンだらけでビックリしました(笑)※試験官以外、若い人いなかったかも

じゃなくて、どうでしょう・・・・。


ゴールデンウィーク前に通しでやった平成21年分の時よりは、シンドくなかったです^^。

正解かどうかは分かりませんが、聞かれていることは分かるよーウンウン。みたいな。




明日(月曜)の夜に、特許庁から正解が発表されます。
さ~本番まで1週間切りました


弁理士受験生のみなさん、どうですか?順調ですか?

かくいう私は、弁理士試験初受験です。いや~ドキドキしますね~^^



思えば、このブログを立ち上げたのは2009年6月頃。特許法1条から7条までを読んで、1ヶ月たった後に、あまりにもの準用の多さと読みにくさと無機質さで嫌気がさして、子育てブログと化しました

しっか~し!


2010年(去年)10月頃から、「一度目指したからにはっ!」ともう一度弁理士受験生にカムバックし、それから半年、大変苦しい独学人生を歩み、今に至ります。


予備校通い10年戦士が多い程の試験です。そんなに甘くは無いと思いますよ。そりゃ当然に。ええ。そりゃー今でも条文読んでると無機質なだけに、恐ろしいほどの睡魔がきます。

でも、結構頑張っております。


試験まではやりきりますよ~!!



一応、今までに通過した教材をあげておきます。

・「実務法律基礎・知的財産権法 伊藤真 著」 大変簡容で読み易く、一通り読みました。
・「LECベーシックテキスト」 本屋でチョロっと読む。特・実、意・商は購入。購入後あんまり読んでません。
・「Wセミナー エレメンツ」 本屋でチョロっと読む。特・実は購入。購入後あんまり読んでません。
・「LECアドバンストテキスト」 ネットでの評判が良かったのでオークションで購入。一番読みました。全範囲ざーっと読みました。正直言って、最初は分からない事だらけで苦痛です。なのでホントに最初はペラペラ~と。興味のあるところは、しっかり読みます。分からなければネットで青本みたり、ベーシック見たり、エレメンツ見たり。
・「LEC過去問題集」 評判が良かったので購入。少しずつやってます。何となく分かってきましたが、実はこれが一番大事な参考書です。
・「4法対照法文集パテック」六法全書として使用。

まーこんなもんです。


結局最終的には「LECアドバンスト」「LEC過去問集」「パテック法文集」の3つに絞られます。

結論は、「良書」といわれる書籍はやはり良いです。  

ちなみに私はパテックという字をみると、いつもあの最高級腕時計「パテックフィリップ」を思います。
すごいですよね~。世代から世代へ。子から孫へ。受け継がれる腕時計ですから。
腕時計の最高峯に君臨してますが、数千万もします(汗)。
腕時計に詳しくなればなるほどロレックスが庶民の時計に感じます。頑張れば手が届きますから。
ちなみに私は8000円の腕時計ですけど。
最近購入した5万円の腕時計はさっそく温泉で置き引きに遭い、8000円の腕時計に戻りました。まーそんなもんです。


さて、本番は、60点満点中、だいたい36点~39点で合格です(6割以上)。
5択なので単純に1/5で12点は取れるでしょう。

あとはどこまでもっていけるか。

さて、それでは今度は登録料の納付について4法を比較して見てみます。




特許法

「特許査定謄本送達日から30日以内に1~3年分を一括納付」
「4年目以降については前年以前に納付」


・上記30日は、請求により、さらに30日以内に限り延長可能。
・特許法4条の延長(遠隔地)も可能。
・発明者orその相続人or特許を受ける契約をした使用者が資力に乏しい時は、上記納付すべき時から3年の範囲で徴収猶予可能
・徴収猶予された1~3年分と、ノーマルな4年分以降はその後6ヶ月に限り、追納可能(割増料金発生)
・さらに納付期間を過ぎてしまった後でも、震災等やむをえない事情があるときは、6ヶ月に限り追納(追完)可能。

つまり、特許の登録料は、最大で4年30日+α(4条延長)の期間。


延長登録については注意が必要。
延長登録査定謄本の送達日が特許権の最終年分の末日より30日以前に届けば、単純に前年に納付。
最終年分の末日より30日以降で、謄本送達日の属する年末から30日以前に届けば、最終年分の次の年から、謄本送達日の属する年分まで、謄本送達から30日以内に一括納付。
最終年分の末日より30日以降で、謄本送達日の属する年末から30日以降に届けば、最終年分の次の年から、謄本送達の属する年分の次の年分まで、謄本送達から30日以内に一括納付。



実用新案法
特許法の1~3年分を30日以内→「1~3年分を出願と同時に」に変わるだけ。

・特許法4条の延長は無い
・発明者orその相続人or特許を受ける契約をした使用者が資力に乏しい時は→使用者は無し。

その他はほぼ特許と一緒。



意匠法

「査定謄本送達日から1年分を30日以内に一括で納付」
「2年目以降は前年以前に納付」


・上記30日は、請求により、さらに30日以内に限り延長可能。
・準特4条の延長(遠隔地)も可能。
・徴収猶予された1~3年分と、ノーマルな4年分以降はその後6ヶ月に限り、追納可能(割増料金発生)
・さらに納付期間を過ぎてしまった後でも、震災等やむをえない事情があるときは、6ヶ月に限り追納(追完)可能。




商標法

「査定謄本送達日から10年分(権利の全存続期間分)を30日以内に一括で納付」
「10年目以降は更新申請と同時に納付」


・前半5年分と後半5年分に分割納付可能
・後半5年分に関しては、その後6ヶ月に限り、追納可能(割増料金発生)
・追納期間経過後、さらに6ヶ月は商標権が暫定的に存在し、この追完期間のような6ヶ月を終了すると満了前5年の日に遡って消滅。更新時には追完あり。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。