上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〔2〕組物の意匠に関し、次の(イ)~(ホ)のうち、誤っているものは、いくつあるか。

(イ) 飲食用ナイフ、飲食用フォーク及び飲食用スプーンの持ち手の部分に同一の模様が施されているとき、意匠に係る物品を「一組の飲食用ナイフ、フォーク及びスプーンセット」として、その持ち手の部分の模様について、部分意匠の意匠登録を受けることができる。

(ロ) 願書に添付された図面に、持ち手の部分に同一の模様が施された飲食用ナイフと飲食用フォークの意匠のみが記載されている場合であっても、組物の意匠の意匠登録を受けることができる。

(ハ) は、飲食用ナイフの意匠 に係る意匠登録出願 、飲食用フォークの意匠 に係る 甲 イA ロ意匠登録出願 、及び飲食用スプーンの意匠 に係る意匠登録出願 をした。その後、 B ハCイロ ハ 、 及び の意匠権の設定の登録がなされる前に、 が、意匠 、 、及び からな 乙 イロ ハる「一組の飲食用ナイフ、フォーク及びスプーンセット」の組物の意匠 に係る意匠登 ニ録出願 をした。この場合、 は、 、 、及び の存在を理由として意匠登録を受け D ニ イ ロ ハることができない。

(ニ) は、「一組の飲食用ナイフ、フォーク及びスプーンセット」の組物に係る意匠登録 甲出願 をしたが、組物全体として統一がないとして拒絶理由通知を受けた。この場合、 A甲 A は、 が審査、審判又は再審に係属中であれば、 の一部を分割して「飲食用ナイ Aフ」の意匠についての新たな意匠登録出願とすることができる。

(ホ) は、「一組の飲食用ナイフ、フォーク及びスプーンセット」の組物の意匠に係る意 甲匠登録出願をし、意匠権の設定の登録がなされた。この場合、 は、当該組物の意匠の 甲うち「飲食用ナイフ」及び「飲食用フォーク」の意匠についてのみ、意匠権について通常実施権の許諾をすることができる。

1 1つ
2 2つ
3 3つ
4 4つ以上
5 なし
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。