上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は嫁の誕生日でした。

40歳の節目の誕生日だけに、先見性のある私は前もってプレゼントを要求されるだろうこの日のために、コツコツと貯金をしてきたんです。

そうなんです。コッソリとコツコツと。

コッソリとしていても、感の良い嫁は「ちょっとあんた!ヘソクリしてるんじゃないの!!」と私に冷たくあたります。

私は心の中で、こうささやきます。

あなたのために貯めてるんだよ・・・


雨に負けず、風にも負けず。私はこの日のためにコツコツと貯金をしていました。

そして今日、私はついに嫁に誕生日プレゼントを買いました。

踊る心とは裏腹に、私は平穏を装います。

購入したのは、左の私のプロフィールにもあるように、尊敬するアインシュタインが身につけていたのと同じく、

ロンジンの腕時計です。

ロンジン2

ロンジン

素敵です。

間違いないです。素敵すぎです。

俺センス良すぎ。



でも、間違いなく「年上」の嫁には感謝しています。

何を??

ですか??


例えば、今日のできごと
俺「最近、食べてもすぐにお腹がいたくなって、下痢で出てしまうんだよ・・・病気かな・・・」
嫁「あーあるある。よくあるよ。それ、食べ過ぎなんだね。私そういう時は、全く食べないようにしてる。そうすれば3日くらいすれば治るから」
俺「へーそうなんだ・・・・・」


「年上」の嫁は、私が経験する病気は、すでに経験済みで、相談すれば適切なアドバイスがもらえます。

スポンサーサイト
自分より、めっちゃ優秀な人と仕事してみてください。

ええ


明らかなんです。


そうするとどうなるか・・・・


自分が一つでもいいから優っている所を探し出します。


ええ

そうなんです。


私が優っているところは・・・・


ド素人にも分かりやすく説明できるところ


ですね。


え?


今の業務と関係あるか??



そんなん知らん。(思考のシャットダウン)
人間って、やっぱり、どうしても「人間」なんですね。

いつになっても、何処へ行っても、人って、人と人の「間」の繋がりで、一喜一憂したり、落ち込んだり。

簡単に言えば、人との「間」の関係です。人間関係ってやつですな。


精神的に病気になるのも、励まされるのも、やる気になるのも、全て人間関係からです。


ちょっとでも嬉しいことを好きな人から言われたり、素敵な異性から「好き」と言われただけで、舞い上がって、人生がバラ色のようになって、活き活きとしてきます。

逆もしかり。自信を無くすのも、人間との関わりからですよ。


そういった関わり合いが煩わしいからといって、一人の空間に閉じこもってしまうと、精神状態が崩壊してしまう。


どこまで言っても、私たち「人間」は、どうあがいても一人では生きていけず、人「間」なんですね。



そう考えると、今流行の「ウツ」の人って、自信を無くす人間関係が、たまたま続いて重なっただけだと思うんです。

そんな人を回復させるのは、薬では無くて、例えば、その人が好きな異性、素敵だと思っている異性に、毎日毎日、好きだとか、尊敬してるだとか、アナタってスゴイ!!って肯定されるようなことを刷り込みのように言ってもらうのが一番のような気がします。


自信が付くのも、全て人との関わりから。


自分が60歳になった時に容姿端麗な20歳の女性に、「好きです。付き合って下さい」なーんて言われたら、どれだけ自信がつく事でしょうね。

いやー人間って人間関係に非常に単純です^^




先ほど、妻が、コソコソと私の携帯メールをチェックしてました。

どうやら、最近私の携帯に、昔の職場の同僚の女性から相談メールが来るようになったのが不安だったとか。

いやー人「間」関係で、自信を付けさせられますな^^
小沢さん頑張って~

私は小沢さんを前面支持します。

前回は菅さん応援してましたが、やっぱりね。

だって・・・

子供手当満額支給ですもん!


庶民はアメに弱いのです


いや、当初の民主党のマニフェストであって、これで自民に勝ったんだから当然やってもらうべきことなんですけど。

現物支給だとか、意味の分からない事言い出すし、菅さん財務省に洗脳されてしまってギリシャーギリシャー言い出すし。そもそも現物支給なんてロクな事ない。使いもしないハコモノ作られたり、意味の分からない使われ方するんでしょ。


と、いうことで、小沢さん!首相になって下さい。
積極財政ガンガンやって、現在の日本の閉塞感をぶっ壊して!!
今ある自分について、考えた事ってありますか?

資格試験でも、大学受験でも、入社試験でも、全ては「強い動機」があって、やっていることなんだなーと。

いや、一部例外はありますよ。会社経営のお金持ちの家に生まれて、そのまま後を継ぐとかね。

でも、そんな例外を除くと、弁護士になってる人も、若い頃に、お金を騙し取られて、法律の勉強をする必要を感じたとか、お金持ちになりたいと強く思ったとか、何かしら「強い動機」があって、やってるんだなーと。

全ては、何かの出来事が偶発的に起こって、それにともない、強い動機が生まれる。

生まれつきの性格も影響しますけど。


基本要素としては、「生まれつきの性格」と、「偶発的な出来事」

それが今の自分をつくっている。


そう考えると、「運命」「大自然の流れ」の存在を強く感じる。

人生力を抜いて、大きな流れに身を任せる。
人生なるようにしかならん!!

毎回、淡路島に来ると、そう感じる。
運命というか、大自然の力には到底及ばない。自分がとってもちっぽけに感じるというか。海で、ある程度泳いで陸を離れて振り返ると、砂浜の人々かアリのようで。

海につかっていると、大きなエネルギーに包まれている感じがします。


なーんて哲学的なことを、一人フランス料理しながら考えてました。
ホテルから外2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。