上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例えば隣の家の木が自分の敷地にモサーと入り込んできていたとします。
勝手に切れるでしょうか?
隣の家の木の根っこが自分の敷地にニョキっと入り込んできています。
根っこを勝手にきれるでしょうか?

イメージとしては根っこは自分の土地を侵害しているから切れそう。
木はやっぱり他人のものだから切れなさそう・・・。
なんとなくですよ。自分が切るならね。

結論としてはそのとおり
木は切れませんが根っこはOK

木を切ったら損害賠償もんです。
逆に根っこが自分の家の水道管を破裂させたら損害賠償請求できます。


スポンサーサイト
今日はちょっぴり民法のお勉強

物を買うと所有権っていう権利の主体になります。
働けば給与をもらう債権っていう権利の主体になります。

でもこの権利の主体になれるのは「出生」があってからなんです。
だからお腹の中の胎児には権利能力は認められません。

したがって、今お腹の中にいるわが息子は権利能力がないため・・・・・
定額給付金の主体にはなれません!

悲しいです。


でも、例外的に胎児に認められてる権利ってのが3つあります。
・不法行為による損害賠償請求権
・相続を受ける権利
・遺贈を受ける権利

相続、遺贈は社会的ニーズからでしょうね。
不法行為による損害賠償請求権ってイメージしにくいけど、胎児の時に母が交通事故にあったりして出産後胎児に何らかの後遺症が残った時とかに、一人の人間として損害賠償請求を認めたんでしょうね。

定額給付金を受ける権利も認めてもらえないかな・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。