上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカのオバマ大統領が、日本の天皇陛下に頭を下げた事で、アメリカ国民がリーダー失格だと怒って、支持率が下がっているそうです。

これを聞くとアメリカの国民性って・・・いったいどうなんでしょう?

メディア的には日本ととっても仲が良いように思いますが、私の大学時代の友達がアメリカへ留学した時に感じたのは、とっても馬鹿にされているって事です。
黒人に「ヘイ!yellow!」とピストルを向けられたりするらしいです(怖すぎ)。まあそれだけ肌の色による人種差別が激しいって事でしょうけど。こういう空気って実際体験してみないと分からない。
メディアには出てこない真実っていうのがあって、過去に日本がアメリカの植民地であったが為に、理不尽な事って結構あるんでしょう。思いやり予算だけじゃないかもしれません。


そんなアメリカもユダヤ人には頭が上がらないそうです。
財政的な面で、かなりの力を持っていると。
でも、そんな話、まったくメディアには出てこないじゃないですか。
昔に、ルイヴィトンはユダヤ人のものだとか、日本でも裏ではかなりユダヤ人が実権を握っていて、入り込んできているだとか、そんな噂を聞いて、そんなバカな?とか思ってましたが、ルイヴィトンの店舗に行った時にさり気なく地面にユダヤのマーク(六芒星)があった時には驚きました。(次に行った時には無くなっていました)。また、街中のふとした所にユダヤのマークがあったりします。伊勢神宮にも!!。まあ色々と難しい説があるみたいですけど。

こういったユダヤ系民族の話も、一部の権力者達にとってはとっても当然で当たり前の話のようですけど、私たち一般庶民には分からないじゃないですか。

私のような一般人が情報を得るのはメディアからだけ。

どうやって新聞に記事がプレスされるかを考えると、
企業がアピールしたい事があった時に、すべてをお膳立てして、新聞社の記者に来てもらって、話をきいてもらう。それが記事になる。
企業にとって悪いことが起こったときも、全てをお膳立てして、準備ができたらメディアを入れて、記者発表をし、それが記事になる。
まあ良い面ばかりというか、とっても表面的ですね。


では、本当の所の真実を知るにはどうすればいいのか?

ここでよく言われるのがロジカルシンキング(論理的思考)。
まあなぜそうなるかを考えろと。頭を使えと。

でも、それができないから庶民なわけで。それができたら今頃金持ちなわけで。
やっぱり一般庶民としては、新聞に載ってることをそのまま鵜呑みにしちゃうのが一番楽なんです。
それ以降の思考はストップ。
そう考えると庶民層が大多数の日本ではメディアって怖いですね。


唯一ロジカルシンキングで、私でも分かるのは、今の民主党政治は既に「官主導」になってるって事です。政治主導ってのは庶民に対するメディアによるアピールでしかない。

民主党の初心演説(覚えてますか)で、鳩山首相も、管直人大臣も、理系出身なので、科学技術分野を重点的にやって行きたいと言った。(あの時は確かに自分の考えを言ったのでしょう)。

それで、現在の事業仕分けの仕分け対象を見てみて下さい。

科学技術分野の多くが仕分け対象で、大学の運営費交付金までも仕分け対象です。
明らかに「財務省」主導です。教育予算から削るのが財務省のやり方ですから。

だいたい、誰が事業仕分けの仕分け対象を決めたんですか?知ってますか?

仕分け対象を見たときにピンときました。

それで次に財務大臣の藤井裕久氏を見てください。
この人、東大法学部卒業後に財務省(旧大蔵省)に入省し、主計局主計官までやった人です。
つまりバリバリの官僚で、今の財務省のトップメンバーはほぼ知り合いじゃないですかね。
財務省の思いのまま。これが官主導でないわけがない。


さて、その上で、民主党がメディアへの発表は閣僚しかさせないって事を考えてみると、これ、つまりは官にメディアに出られると、政治主導のアピールができないからじゃないですか?
裏では何をしていても、政治家がメディアに出ることで政治主導を一般人にアピールすると。
うまくできてますね。


まあそれで・・・・最近になって財務省が裏で仕分け業務を操っていた事が判明しました。
仕分け人に対して、全てのマニュアルまで作って、突っ込みどころを教えていたんですから、これまたシタタカです。
それはそれで私のロジカルシンキングもちょっと当たるんだなと思いましたが、次に考えるべきは、なぜ財務省主導で仕分けをしていたとバラしたのか?ですね。

一つは、あまりにも仕分け人の強引さがメディアに出てしまったがために、仕分け作業そのものに疑問をもたれる可能性があり、財務省が少し関わっていてある程度信憑性がもてると思わした方が、得だと考えられたから。ちょっとは政治主導じゃないって言われるかもしれないけれど、やり直しになるよりはいいと考えられたから。ですかね。
スポンサーサイト
前回、新TOEICは語彙が重要と言いましたが、目的は「速読」の為です。

この「速読力」(読解力)がなければ新TOEICは歯が立ちません。
つまり、新TOEICは速読力テストです。

もちろん私の私見ですが、間違いは無いと思います。


新TOEICはリスニング100問、リーディング100問の計200問のテストです。

内訳はリスニングテスト(45分)
part1 描写問題10問
part2 一問一答形式30問
part3 会話形式30問
part4 スピーチ30問
リーディングテスト(75分)
part5 文法40問
part6 長文文法12問
part7 長文読解48問(内ダブルパセージ(めっちゃ長いやつ20問)新TOEICから加わった)

なんですね。

それで文法問題ですけど、これ、はっきり言って文法よりも読解力です。
ちょっとした文が出て、空欄箇所を埋めるんですけど、文法の問題だと思って、空欄のところだけ見ても解けません。語彙力が無ければ解けません。しかもちょっと難しい単語が出たりする。
なのでいきなり、文法を勉強しても、速読力(読解力)がなければ意味が無い。
読解力がついたあとで文法を勉強するなら意味あると思いますけど。

part6,7なんて特に速読力がなければまったく歯が立ちません。

しかもpart3もpart4もリスニングテストとは言いますけど、問いが全て英文なんです。
短時間で問いを読み込む速読力がなければドミノ倒し的にアウトになります。

part1とpart2のみ、純粋にリスニング。
part1なんて一番簡単で点くれ問題なんですけど、旧から新TOEICになった時に問題数が半分になりました。その意味でもより速読力の傾向が強まったといえます。


そう考えると最強の新TOEIC対策としては「英字新聞を毎日読む」でしょうね。
できればですけど(泣)


しかし、それにしてもオーストラリア英語は癖があって難解です。
とっても巻き舌で、しかも早い!!
マンデー(月曜日)がマンダイですからね。
最近気づいたんですけど、こうした聞き取りも、速読力が伴わなければ全く頭に残りません。
TOEICテスト、一度模試形式で問題をやろうと思うと2時間かかります。

この2時間、短いようで、大変長いんです。

二人の子持ちの父が、誰にも邪魔をされないフリーの2時間を確保するのがどれ程難しいか分かりますか?

こうやって休日にブログを更新できるのも、今が嫁と子供の「お昼寝タイム」だからです。

それくらい時間の確保が難しいんです。
独身時代には考えられなかったことですが。

逆に、独身のつもりで行動を起こすと大変な事になります。

一度、職場の上司命令により、飲みの延長で朝帰りをした事がありましたが、その翌日に妻と子供は期間無制限の実家帰省という名の旅に出ました。


今後、子供をと考えていられる男性は、十重この事は肝に銘じておきましょう。
自分の為だけの2時間がどれほど贅沢品であるか・・・・・
さて、またまた新TOEICについてですが・・・。

どんな英文であっても重要になるのはなんと言っても
「語彙」

だいたい英語での仕事経験がある人は分かるかもしれませんが、使う英語は、だいたいその業界の英語です。つまり、その業界範囲の特定の英語を覚えれば、だいたい仕事になります。

車業界の人であれば、車業界の英語
銀行マンなら金融業界の英語
大学関係者ならば大学関係の英語
です。

新TOEICはどうか?
ズバリ「ビジネス」です。
ビジネスに関しての一般的な、よく使われる英語です。

つまり、哲学やら、文学やらの英語を勉強しても全く意味ないです。
ビジネス英語が必要です。

簡単に言えば、朝通勤する(commute)から、職場でのやりとりで、一般的なもの。
お客様(customer)、戦略(strategy)、議題(agenda) とか

内容的にもお客様からのクレームメールを読解させるものや、社内研修のお知らせメールとかが出ます。


そこらへんを頭に入れて、後は
①ひたすら長いビジネス英文を頭からザーっと読む練習
②その英文を聞いて聞き取る練習
③ ①と②の合間に文法をちょろっと息抜きで
④時間がとれたら(私のように子育て中ですと、なかなかこの時間確保が難しいとは思いますが)模試形式(2時間)で。

この①~④をしっかりやれば、先々かなりの点数を取れるっていうのが、私の読みです。
新TOEICはじめたばっかですが、その、なんというか、ま~見切った!!



「クレーム」、日本人の感覚だと不平とか不満ですよね。
不平や不満は英語ではcomplaintです。
claimは要求、請求って意味です。
特許の世界でも特許請求の範囲がclaimです。
日本では、お客様からの有難いclaimよりも、単なるcomplaintの方が圧倒的多数なんでしょね。





新TOEICテスト、何となくコツが分かってきました。

とは言っても、たかだか2回分過去問題を解いただけでコツとか言ったら怒られるかもしれませんけど(笑)

時間内に全て解こうと思ったらば、スピードです。


このスピードですが、目安としては、長文を頭から読んでいって、全てを一回で(読み戻さず)通読し、理解して回答する感じですね。
途中で分からなくなって戻ってしまうとアウトです。時間足りません。

そんな感覚に注意してやれば、結構まとまった点数がとれます。


ジックリやれば解ける問題ばかりなんです。
流れてくる英文だって文章にしてみれば非常に簡単です。
要するにいかに時間内に全て目を通せるか。
流れてくる英文を聞きとれるか。
が全てを握ってます。特にオーストラリア英語は曲者です。ボソボソとしかもナマリがあるので。
新TOEICテストですが・・・・
旧TOEICテストよりも格段に

難しくなってませんか?

仕事の関係で今度受けさせられる事になり、TOEICテストを人生で初めて受けさせられる事になったんですが、昔に買った旧TOEICテスト模擬試験で勉強していました。あまり変わらないだろうと・・・。

そして、いざ新TOEICテストを見てみると・・・・。

はるかに難い・・・


最近のTOEICの点数を言わずに昔の点数ばかり言う人が増加している意味が分かりました。
最近は受けてないから~とか・・・・。


まず、ボーナス問題が半分になって、長文1文の文字量が倍になってます。
そして、ヒアリングも数カ国の方々が話すようになりました。
長文の問題量が俄然増えてます。
よって、旧と同じ時間で解かせる事自体オカシイ!!


まあ英語力のある方はまったく問題ないんでしょうけど、できる人とできない人の差が激しくなると思いますよ。


今後は是非一貫して新TOEICテストで評価していただきたい。
実際、旧で700点出してた人が新で500点台になったりするみたいです。
試験勉強型で英語を学んできた人でしょうけど・・・。
私自身、かなりの点数の乖離があります。もちろん旧の方が点が取りやすい。
素点の段階でかなり旧の方が良くて、さらに加算率がなぜか旧の方が大きい。

なぜ加算率が新の方が小さいか?
考えられるのは・・・新テスト移行に伴い、中間層と下位層がフェイドアウトしていき(旧テスト終了直前に駆け込み受験)、結果上位層が多く残って受け続けている。という事でしょうか。

これから初めて受ける人にとって不公平だ~!!




という弱音でした。
人生って何でしょう?

今日は突然ですがとても大きな規模の質問からはじめてみます。

はかないもの・・・・


いやいや、そんなワケないですよ。
だって自分の人生振り返ってくださいよ。
そしてこれからの人生考えてみてくださいよ。

めちゃめちゃ長い!


楽しければそれでいい・・・。

いやいや、人生って長いんです
とっても楽しいことでもほーんとに一瞬で
たいして続きません。

逆につらーい事も同じくほんとに一瞬です。


振り返ると、とってもとっても辛い時がありました。
でも今となっては、その辛ささえ具体的には思い出せません。
今となってはとってもちっぽけで些細な事だったりもします。
高校時代の失恋とか・・・。
そのときは最高に辛かったんでしょう。ご飯が喉を通らないくらいに
でも、今となっては些細なことです。


おそらく今後のながくてなが~い人生で起こる楽しいことや辛いことも
人生が終わりに近づいた時に振り返ると、と~ても些細な事に感じるんでしょうね。


ただ・・・・
誇らしいことはそのまま誇らしく
罪悪感はそのまま罪悪感のまま
残るんでしょうね。








さて、今日は家の側の池を水抜きしておりました。
なかなか無い体験です。

私、一度大きな池に落ちると、足に水草や藻が絡まって、溺れ死ぬと本気で思ってました。

水を抜いた池を実際に見てみると・・・
はやといけ
意外と泥だらけ。

そして、この池にどんな生物がいたかというと
まずは・・・
雷魚
これ・・・雷魚です。
これちょっといきなりスゴイでしょ?
どこかの水族館にいてもオカしく無いでしょ?

私、中学時代に雷魚を釣りに、近くの池に5回程いきましたが、一度も釣れませんでした。
というか、木にひっかけてばかりで、かかりもしませんでした。

でも・・・もし仮に釣れてたとしても、こんなのが近寄ってきたら・・・間違いなく逃げてます
よかった~釣れなくて。


そして次です。こちらは定番の・・・・
ブラックバス
はい、ブラックバスです。

私、初めて見ました。これまた中学時代に10回ほどブラックバスを釣りに行きましたが、一度引いただけで1度も釣れたことが無いんです。

でも・・・やっぱり、これも釣れたらちょっと怖いっすよね。
もし釣れててもこれまたちょっとツカめないかも。
よかった~釣れなくて。


そして最後は
ブルーぎる
ブルーギル
うん、これなら可愛いし、是非釣りたいですね。


結論からすれば、俺、釣り下手で良かった~。
なんというか、ちょっと池って若干・・・・気持ち良くは無いですね。


まあ何はともあれ、池底から死体が出なくて良かった~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。