上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近どこでも寝れます。目をつぶれば寝れます。
昔、ストレスで寝れなくて悩まされましたけど、その頃寝てなかった分が今押し寄せてきてる気がします。

医学の世界では、「寝だめ」はできない、有り得ないという結論だそうでが、そんな事無いと思います。なんとなく感覚ですけども。

「ツレがウツになりまして」っていう有名な漫画でも、作者の夫がウツになって不眠になった後、会社を辞めて、回復時、死んだように毎日寝ていた。とありました。

睡眠時間は長いスパンで帳尻を合わせているような気がしてなりません。

試験勉強で徹夜して受験した次の日に、死んだように一日眠った経験がりませんか?その事実も「寝だめ」理論を肯定します。

そもそも医学の常識って何かというと、権威のあるアメリカとかの研究者がその事について論文を書いたかどうかです。例えば、権威ある研究者の論文が、一般に公表されると、「お~これが新常識、○○だ~」とかなるわけです。今まで良しとされていた塗り薬が突然害になって使用禁止になったりします。
そういった意味で、常識なんて、コロコロ変わってますよ。精神医学の世界なんて特に。

やっぱり、何が一番信用できるかといえば、「自分の感覚」ではないでしょうか。


最近、子供を病院へ連れていくことが多いです。小児科と耳鼻科ですね。基本は。しょっちゅう鼻水、熱、中耳炎で。この二つの科でまったく言ってることが違う時が多くあります。

耳鼻科では、大した事ないからと薬をもらい、その後小児科へ行くとクループで大変だと即入院。なんて事ありました。それでその後また耳鼻科へ行って、入院したと伝えると、小児科はいつも大げさすぎると。まあそんな感じです。

だいたい医者って、医療、人間観察に長けてるわけでは無くて、国語や数学などの勉強ができて、医学部へ入学すれば、なれますから。そういう事です。


医療に関する知識や、その病気にかかった人の感想等 簡単に大方ネットで手に入る時代です。


自分の身は自分で守りましょう。
スポンサーサイト
いやーまったく勉強できません(泣)

やっぱ、独身時代と子供2人時代では、まったく自由度が違います。

勉強しようと机に向かう

「パパ、何してるの?」

「勉強だよ。すまないけど静かにしてて」

「ダメ!!あっちで遊ぶの!!」

「ごめんよー」

「ダメーーーー!!遊ぶのー!!泣き出す」

「はいはい(トホホ)」


まーでも、今、生活できているからいいわけで。
もしも、今職が無くて・・って事だと、もっと違うと思います。


結婚前に資格をとっていたら、今とはまた違った人生だったのかな~??なんて


もしも、資格職についていたら・・・・・
多分、それなりに人生歩んでると思います。
まず、公務員の奥さんをもらってると思います。

事務所の所長と折り合いが合わなくて事務所辞めたい・・・・とか、独立したけど仕事が無くて・・・なんて、子供がいたら言ってられませんから。子供がいる今だからこその発想かもしれませんけど。

そんな意味でも、そういった可能性のある業界だけに、奥さんで収入に関する保険をかけます。
いやー私って、そう考えると、結構無茶できないタイプかも。博打も保険をかけてするタイプかもしれません。

でも、実際に公務員の奥さんをもらってる資格職の人って多いです。
子供たちが通っている保育園の友達のパパが弁理士さんですけど、奥さん県庁の職員です。
考えることは皆同じかもしれません。


現在、嫁は民間だけれども、育休を3年しっかりとって復帰してるし、定時には帰れているし、比較的公務員的な職場なので、私が無茶しようと思えばできるんですけど・・・・。

さて、どうなることやら・・・乞うご期待
自分の天職って何だろ・・・・?

なんて思ってる人多いと思います。


斉藤一人さんの書籍「100年たってもいい話」の中に、天職は、今している仕事です、と書いてありました。

確かに、今やってる仕事って、最初自分の興味のある分野、範囲のものから選んだのは確かだし、それでいて長く続いているのであれば、やはり天職なのかもしれません。

もちろん、内容よりも安定を求めたってんだったら、安定した職場が天職だし。少なくともそんな人は、年収1000万円だけど、来年は0になるかもしれないって業界には転職しないでしょ。そんな意味でも天職。

資格試験に夢破れた場合であっても、今の仕事をしてるって事は、なにがなんでもその資格ってわけじゃなくて、最終段階では、今の仕事を選んでるわけだし。諦めたってことは、諦めて今の状況でもいいってことだし。

そう考えると、その時、その時のベストチョイスが今なわけで、したがって今してる仕事が天職なのかもしれないです。

斉藤一人さんは、今してる仕事は「縁がある」わけで、したがって天職なんだと言ってました。
数年前に第一希望がダメで第二希望になって、数年後に第一希望の職場で働ける!ってなった時に、すでに熱が冷めていて、なんなら第二希望だった職場の方がよく思える事があって、それを考えると、確かに「縁」もあるなーって気もします。


ちなみに自分の「天職」を調べる本があって、それで自分の天職を調べてみたら、「多くの人とコミュニケーションをとって、古い型にしばられずに、教えたり、企画をしたり、デザインを考える」ような仕事とでました。
今してる仕事とは・・・・・ちょっと遠いような・・・・・。
まあのびのびとやらさせてもらってるので、その点はいいかも。
・アメリカ基地、県外無理。アメリカに譲歩
・子供手当来年度満額支給の見送り(2万円くらいに)
・消費税増税をマニフェストに

どうですかこれ。恐ろしいくらい私が予想した通りになってしまいました。
まあそれくらい政治ってシンプルって事です。
それを専門に研究している方々が難しい議論をあーだこーだとしたところで、結局結論は、至ってシンプルなわけです。全く難しい話ではありません。専門家が自分の地位を確立するためにあえて難しそうに言ってるだけで、結局ド素人でも十分わかるくらいシンプルなんです。将来予想なんて誰でもできて、意外と近からず遠からずなんです。論理的思考ができればですけど。

さて、あとはカリスマの誕生ですか。


次の参議院選を予測しましょう。
今の感じだと、民主が自民より有利。それ以外の党が予想以上に貢献するのではないでしょうか。
では、どんな党かというと、ニンジンをうまく扱える党。たとえば、「うちは子ども手当満額」とか「消費税はあげない」とか。
いや、そりゃね、そんなの無責任だーとか意見はもちろんでますけどね。庶民はニンジンに弱いんです。


そもそも日本は借金大国で、この先たちいかない!!とかよく言われてますけど、日本人の誰が借金まみれの貧困国だと思ってます??誰もそんな事思ってませんよ。
当たり前でしょ。だって、他国に借金してるわけじゃないんですから。日本人に借金してるだけですからね。言ってみれば「身内に借りてる」ってことです。なんとでもなるわけです。親に借りてるーみたいな。
借りてるのは誰で、誰にですか?日本国で、日本人からです。
税金をとってるのは誰で、誰からですか?日本国で、日本人からです。
まーそういうことで、危機的状況なわけありません。

何でもそうですけど、対内はなんとでもなります。危険で慎重にならないといけないのは対外です。
たとえば、今の日本の借金がすべてアメリカや中国からだって話になると・・・そりゃヤバイですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。