上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに買いました。YAMAHAのAVアンプ!
AVアンプ


すんげーいいっす。はい。


このAVアンプにスピーカー(left center right left-back right-backの5個)を繋ぎ、テレビとアンプをHDMIケーブルと光ケーブルで繋ぎ、DVDプレーヤーとHDMIケーブルで繋ぎ、ipodドックをつ繋げば、立派なホームシアターのできあがりです。
avアンプうしろ


実際に映画館で「インセプション」を観て、その後、我が家のホームシアターにて「アバター」を観ましたが・・・・

正直いって、我が家の方が映像、音質、迫力共に上回って感じました。(より小さな空間だけに?)
アバターは5.1chサラウンド(スピーカー5個対応)なので、主人公の後ろで爆発があれば、後ろのスピーカーから爆発音が出ます。後ろから前に戦闘機が飛べば、後ろから前に音が流れます。


確かに映画館はスクリーンの大画面がありますけど、やっぱりどうしても画質が粗くなりますね。大きい分。


我が家で観たアバターは・・・・いや、ホントに圧倒されました。



もちろん、子供がいない時でないと、重低音、大音量では見れませんけど。


興味のある方は、是非、ホームページ右上の「楽天オーディオ市場」にてお買い求めあれ。
スポンサーサイト
来年度、シーリングをかけて、大幅に政策的経費を削りますが、それで解決ですか?
ちょっと図を見てみます。
シーリング
図を見れば一発で分かります。なぜ黄色の政策的経費を削らないといけないのか。はい、そうです。一番左のピンク、社会保障費が膨れてるからです。

じゃあですよ。これは、今年度だけの事ですか??

いいえ、再来年もどんどん膨れ上がっていき、高齢者社会を迎えます。

つまり、こんなことしてたら、政策的経費が社会保障費の膨らみによって、将来ますます削られるのは明らか!!

結論を言えば、場当たり的に政策的経費を削っていっても、国の衰退があるだけです。

そこで増税!!って単純に言ってしまったわけです。
「消費税は単純に増税では無くて社会保障目的の増税だーーー!!」みたいな。

でも、考えてみてください。

消費税10%で足ります??将来的にはもっともーーっと増税になるのは、これもまた明らか。だって超高齢化社会を迎えるてどんどん社会保障費は膨れていくわけですから。10%以上増税されたら、前も言ったとおり、買い渋りからデフレスパイラルです。


肝心の年金は、知っての通り、社会保険庁が無茶苦茶やって、スッカラカンです。
だから社会保険庁は責任とって解体!!って違うでしょ!
そう思いませんか??消えた年金はどうするの??解体なんて、はっきり言って、どうだっていいです。使い込んだ年金を戻せ!!ですよね。

なんていうか、政治の世界って、辞任!みたいに、辞めて責任とる体質ですね。辞めて終わりって無責任ですよね。ちょっと世間常識からかけ離れてます。農協の理事って、万が一の時の為に自分の不動産を担保に入れてなるんですよ。



さて、非難ばかりしているのは誰だってできます。それでは野党です。


じゃあどうすればいいか?



私にはウルトラCの考えがあります。


それは・・・・



70歳定年構想!!! 



社会保障が払えないなら、いっそ70歳から年金支給にしたらいいんです。
それまでは働きます。

だってね、60歳ってまだまだ元気!!
いや、ホントに。


そしたらどうですか??

マイホームのローンだって70歳まで組めますよ。
そしたら、月々の返済も安くなって楽だし、絶対、家買う人増えますよ。
70歳までで、もし死んだとしても、みなさんご存知の通り、ローンは主たる生計者が生命保険に入らないと組めないからね、死んだら、生命保険金で完済です。

何より、定年関係なく、ずっと働いていられると思ったら、どうです?
はい、安心感から消費意欲の増大。

ほら景気良くなる。



老後ノンビリしたい?海外いきたい??


いや、海外ってのは仕事、休暇とって行けばいいんです!!ええ。

年中海外行くわけでもあるまいし。



何よりも、以前話したと思いますが・・・もしも嫁に先立たれ、子供とも別居した場合の、一人身の惨めな老後を想像してごらんなさいよ。恐ろしや~・・・。

朝起きて、一人でご飯食べて、お昼は徘徊(散歩)して、また一人で晩御飯食べて・・・寝る・・・・いやだ~~~!!!

老人ホームに入れられるのかもしれないけどさ。



ということで、70歳定年構想。

もしくは、もっと大胆に定年制度の廃止!!

辞めたいときに辞める。ただ、年金もらえるのは70歳以降ですよと。


まあ、こうなってくると、もちろん企業の負担ってのも考えないといけない。


でもね、そもそも「官から民へ!!」「自助努力を!!」っていう世の流れだしね。もしも雇わなければ罰則がある!とかしちゃえば、意外となんとかなるような気がする。とってもそこら辺は楽観視してます。
菅さん、消費税の「失言問題」から、暴走しだしましたね。
ギリシャの影響が大きいみたいです。


来年度予算にシーリング・・・


これが国立大学に適用されると、学生一人あたり、年間授業料23万円値上げだそうです。
もしくは、大阪大と九州大が潰れる試算だとか。
もらえるかどうか不透明な来年度こども手当の為の代償があまりにも大きい気がします。
挙句の果てに、やっぱ子供手当ても無理でした・・・とかなりそうですけど。


もちろん大学側は猛反発。国立大学の存在は、所得の少ない家庭にも等しく教育を!ってことですから。

こんな事してて、成長戦略とは笑えます。

すでに中国、韓国に「追い抜かれてる」現状で、これは正直マズイ。


財布のヒモを閉めるのは今じゃない


それとも・・・・まさか、未だに中国、韓国に負けてないとでも・・・?

子供の学力では到底両国に及びません。圧倒されてます。経済も中国に圧倒されるばかりか、頼らざるを得ない状況です。


公務員叩きで人気とっても、その人気はヒガミの塊です。負の連鎖で発展性が全く無いんです。

公務員の給与をパーっと上げた方が・・・その時は許せないかもしれませんが、意外と民間企業って公務員準拠が多いんです。自分の給与もアレレ・・・みたいな。意外と景気良くなったりします。

公務員の給与を下げることが、自分の会社の給与を下げる口実作りになってたりします。


なぜだか知ってますか?


公務員の給与を決める人事院が、民間の給与を実際に足を運んで調べるんですけど、その時に「参考資料」として、その企業に公務員の詳しい人事関係資料を置いてくるからです。あくまで「参考」という名目ですけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。