上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今の日本は、ちょっと危ない方向へ進んでいますね。

景気って、人の感情で左右されます。

今後景気悪くなるだろうな~と思うと、買い控えが始まり、本当に景気が悪くなる。

今後景気良くなりそうだな~と思うと、購入が増え、本当に景気が良くなる。


気持ちの問題というか、人間でもそうじゃないですか。自分がそうなる!と思い込んでいれば本当にそうなる。

そういう意味で、経済上の景気って人間のようなもんです。


それでは本題


なぜ国債の格付けが下がったか?



日本の首長が、ギリシャになる~とか、破綻する~とか、増税しないと~とか、自ら不安をあおってるからだと私は考えます。
日本はなんだか首長があれだけ言ってるから、本当に危ないのかな~?国債も危ないのかな~?→国債の格付けdown

まー大方こんなところでしょう。何にも難しい事はないと思います。



今、不景気だからこそ、日本のトップたる首長は、国民に好景気の予感を植え込むために、景気の良い政策をすべきなんです。人間の性格上、後ろ向きになるのは仕方ありませんが。


そういう意味でも麻生さんの経済政策はすばらしかった。

「定額給付金」

あれは凄かった^^ 私もスノーボードのヴィンディングを買いました。
定額給付金ヴィンディング。


今まさに、そういう政策が必要です。

景気が良くなって、気が付けば国の借金も減っていたというのが一番のシナリオです。
まず借金からなんとかしようでは、国民を苦しめるだけ。


今の政権のように、日本は崩壊する~、借金が~、ギリシャになる~とか(ウソですけど)、不安を煽りすぎると、国債の売りが加速し、日本は本当に危ないかもしれません。


まずは、技術大国やぞ!、天下の日本大国やぞ!と、はったりでもいいのでドッシリと構える。こんなチョッとした事が意外と国の発展には大事かもしれません。


スポンサーサイト
人間って、やっぱり、どうしても「人間」なんですね。

いつになっても、何処へ行っても、人って、人と人の「間」の繋がりで、一喜一憂したり、落ち込んだり。

簡単に言えば、人との「間」の関係です。人間関係ってやつですな。


精神的に病気になるのも、励まされるのも、やる気になるのも、全て人間関係からです。


ちょっとでも嬉しいことを好きな人から言われたり、素敵な異性から「好き」と言われただけで、舞い上がって、人生がバラ色のようになって、活き活きとしてきます。

逆もしかり。自信を無くすのも、人間との関わりからですよ。


そういった関わり合いが煩わしいからといって、一人の空間に閉じこもってしまうと、精神状態が崩壊してしまう。


どこまで言っても、私たち「人間」は、どうあがいても一人では生きていけず、人「間」なんですね。



そう考えると、今流行の「ウツ」の人って、自信を無くす人間関係が、たまたま続いて重なっただけだと思うんです。

そんな人を回復させるのは、薬では無くて、例えば、その人が好きな異性、素敵だと思っている異性に、毎日毎日、好きだとか、尊敬してるだとか、アナタってスゴイ!!って肯定されるようなことを刷り込みのように言ってもらうのが一番のような気がします。


自信が付くのも、全て人との関わりから。


自分が60歳になった時に容姿端麗な20歳の女性に、「好きです。付き合って下さい」なーんて言われたら、どれだけ自信がつく事でしょうね。

いやー人間って人間関係に非常に単純です^^




先ほど、妻が、コソコソと私の携帯メールをチェックしてました。

どうやら、最近私の携帯に、昔の職場の同僚の女性から相談メールが来るようになったのが不安だったとか。

いやー人「間」関係で、自信を付けさせられますな^^
無名兵士の言葉-----



『大きなことを成し遂げるために

  強さを求めたのに

  謙遜を学ぶようにと弱さを授かった』




 『偉大なことができるようにと

  健康を求めたのに

  より良きことをするようにと病気を賜った』



 『幸せになろうとして 富を求めたのに

  賢明であるようにと

  貧困を授かった』



 『世の人々の称賛を得ようと

  成功を求めたのに

  得意にならないようにと

  失敗を授かった』



 『人生を楽しむために あらゆるものを求めたのに

  あらゆるものを慈しむために

  人生を賜った』



 『求めたものは一つとして与えられなかったが

  願いはすべて聞き届けられた

  私は もっとも豊かに祝福された』
ブラ

ブライトリング・スーパーオーシャン・スチールフィッシュ

二転三転して、今一番狙っているのはコレです。かっちょええでしょ~?


そんなことより、早く勉強しないと・・・。

スチールフィッシュ
グランセイコー

GS(グランドSEIKO)

やっぱいいですね。腕時計の中でも技術力、質の高さではSEIKOが群を抜いてます。
そのSEIKOの中でも、技術の集大成であり、トップに君臨するのが、この「グランドSEIKO」です。

腕時計の王者の貫禄がやっぱりあります。

今日腕時計をこりもせずまた見に行きましたが・・・・やっぱり質が、他の時計(ロレックス、オメガ等)を凌駕しています。
技術力の凄さを思い知らされます。


SEIKOは、クオーツの先駆者(クオーツ(電池式)腕時計の発明者)として名をはせていますが、機械式時計に至っても、スプリングドライブ等は、竜頭の回し心地から、秒針の動きに至るまで、まさに「美」の領域です。
パワーゲージが付いているので、ゼンマイの巻きすぎも怖くありません。
ゼンマイをフルで巻いて、3日持ちます。ロレで3日持つのはデイトナのみです。


いやー、今後30年、ずーっと使い続けるならば、GSで鉄板なんでしょうけど。


ブライトリングの派手さもいい。GSの質もいい・・・・。



迷います。
今、私の欲しいものNO1は「本格派腕時計」です。

本格的な腕時計が欲しくなり、腕時計雑誌を読み漁り、時計屋を歩き回り、最終的に以下のモノに落ち着きました。

kurono

kuronomatto
ブライトリング クロノマット

シードエラー
ロレシードゥエラー

steel
ブラスティールフィッシュ
コルト

ブラコルトオート

グランドセイコー(GS)グランドセイコー
IWC GSTアクアタイマーIWC


グッチ パンテオンgucchi panteon


オメガ プラネットオーシャンオメガ プラネット

ロレサブデイトロレサブ

シミエールシミエール



ロレサブトは定番中の定番ですね。良い時計です。
ロレとは少しハズしてオメガプラネットオーシャン、派手さを求めてブライトリング、渋さを求めてIWC、質を求めてグランドセイコー、木村拓哉が付けていて有名な格好良いシミエール、ちょっと本格派腕時計からハズして、個人的に好きなブランド・グッチってとこです。

基本的に、クオーツ(電池)の方が、機械式(自動巻き)よりも断然正確で、頑丈です。
機械式の良さは、ステータスと見た目、手間をかける事での愛着、中古市場へ売りに出すときの価格的優位です。


弁理士試験に受かったら何れかの一つをプレゼントしてもらえるそうです。
今日は、自分の扶養者控除申告書を見て、子供2人が控除対象から名前が消えているのを見て、悲しくなりました。

これで子供手当、3歳児以下は2万円が決定しないと、以前よりも負担増になるみたいです。
自民をはじめとする野党は2万円にも反発しているようですが。

これが日本の子育て支援の現状ですか・・・・。


そもそも自民党は子供手当にも反対のうえ、消費税を絶対10%にすると・・・党首が谷垣さん・・・・。
自民も微妙・・・ですね。


いったいこの国はどうなってしまうんでしょうか。


唯一の希望は、菅さんが科学技術予算の増額を命令した事。

これだけは、さすが菅さん!!

って思いました。自分の意志をやっと貫いたっていうのが伝わってきました。


こんな不景気。景気のいい話の一つくらいは欲しいです。

ましてや科学や技術の分野は、日本のプライドですから。
コツコツと真面目に毎日働いて、生み出してきた分野ですから。
年末、龍馬伝の総集編見ました。

一度も見たこと無かったので、一度は見てみたいと思ってました・・・。

いやー日本を思う獅子達ですね~^^

「この日本の古いしきたりが一番いかんのじゃ~!」


いやーカッコ良かった~。

個人的には高杉晋作が一番いい味出してるな~と感じました。


さて、みなさん、日本を思う獅子ですか?


私は、普段二人の子育てに追われて、考えてる暇が正直ありません。

こういったブログを書くときだけは、唯一日本の行く末を考えたり、書いたりします。そういう意味でもブログっていいですね。

やっぱ、大半の人は、考えてる暇が無い人が多いと思うんですよ。
でも、やっぱそれではダメで、少しでも多くの人が日本の行く末を少しでも思って、自分の考えを持っている事ってすごく大事やと思うんです。

特に、こんな「不景気から抜け出せるようで抜け出せない、閉塞感でいっぱいの時代では」です。


それじゃあ、なぜ日本は閉塞状態から景気が抜け出せないんだと思います??

そりゃーやっぱ政治が悪いからです。

日本銀行は政策的に金利を0にしてますから。これ以上はできません。


それじゃあ具体的に、政治の何が悪いんですか?

何が閉塞感を生み出しているんですか?


政治が、この不景気の時期に倹約に走っていて、色んなところをバッサバッサと切り捨てているからです。

事業仕分けを大々的にアピールしたり。

唯一景気の良い話だった「子供手当」もバッサバッサと減額。増やすと思ったら、扶養控除を代わりにバッサリ。


こんなことを政治がしていて、国民が将来不安にならないわけがないですよ。


それじゃあ、なんでこんな倹約を政治がするのか??


財源が無いからです。

正確に言えば、財源が無いではなくて、財源をつくるため、国債(借金)をさらに増やさないといけないからです。


はい、それでは問題。

政府が倹約に走って、現在、借金は減ってます??


答え、どんどん増えてます。

それどころか、今までやった事のない特別会計にまで手を出してる始末。


いったい、この国をどうするつもりなんでしょうか?


構造的な問題であって、現在は、借金に目を向けてはいけない時だって分かってないんでしょうか??


私が言いたいのは、まず財政支出の大半は何ですか?


「生活保障費」です。年金とか。


だってね、段階の世代と呼ばれる方々が、ゾクゾクと定年。年金生活へ。

しばらくは子供が5~6人が普通っていう、私達の親の世代が年金生活に突入していくわけです。


そりゃーどんだけ倹約しても、お金足りませんよ。


それじゃー、私達の世代ってどうですか??


問題になるくらい「少子化」ですよ。


つまりは、将来的に社会保障費に対する支出は落ち着いていくっていう見通しが立てれます。


はい、もう一度、
私が言いたいのは、借金に視線を向けて、プライマリーバランス黒字化に向けてムキになるのは今ではなくて、社会保障費への支出がある程度落ち着いてからです。


今、段階の世代周辺の方が社会保障費を莫大に膨れ上がらせてる状況で、借金に視線を向けて、色んな事をすると、国民生活は破綻しますよ。


大体、国債自体、外国ではなく、日本人が買ってます。一番の購入者は郵便局です。外国がほとんどを所持していたギリシャとも根本的に違う。



削るのは簡単です。しかも、削ることに理解を得られる現在においては。


だからといって、人気取りで削っていても、景気は良くなりません。


人気取りの政策と、景気が反対関係にあるっていう現在の状況が分かります。



麻生さんの時のような、分かりやすいバラマキが今必要です。

かなりその当時は民主党に批判されてましたけど、麻生さんの時のバラマキは、そのバラマキの金額以上の経済効果があったと思います。

私も、スノーボードのブーツとヴィンディングを買いました。結局半分以上が自腹になりました^^。


そういった意味でも麻生さんって、上手いな~と思いましたけど。



そういった分かりやすいバラマキが今の日本に必要だと私は考えます。

事業仕分け、減額等は、絶対にタブーです。

借金には20年後に本格的に目を向けましょう。



そういえば・・・・
河村名古屋市長と愛知県知事に立候補する大村さんが、「中京都」構想をおっ立ててます。

いっその事、首都も中京都に移してみるとか。

いや、だってね、名古屋から大阪には1時間、京都には20分、東京には2時間で行けますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。