上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、それでは今度は登録料の納付について4法を比較して見てみます。




特許法

「特許査定謄本送達日から30日以内に1~3年分を一括納付」
「4年目以降については前年以前に納付」


・上記30日は、請求により、さらに30日以内に限り延長可能。
・特許法4条の延長(遠隔地)も可能。
・発明者orその相続人or特許を受ける契約をした使用者が資力に乏しい時は、上記納付すべき時から3年の範囲で徴収猶予可能
・徴収猶予された1~3年分と、ノーマルな4年分以降はその後6ヶ月に限り、追納可能(割増料金発生)
・さらに納付期間を過ぎてしまった後でも、震災等やむをえない事情があるときは、6ヶ月に限り追納(追完)可能。

つまり、特許の登録料は、最大で4年30日+α(4条延長)の期間。


延長登録については注意が必要。
延長登録査定謄本の送達日が特許権の最終年分の末日より30日以前に届けば、単純に前年に納付。
最終年分の末日より30日以降で、謄本送達日の属する年末から30日以前に届けば、最終年分の次の年から、謄本送達日の属する年分まで、謄本送達から30日以内に一括納付。
最終年分の末日より30日以降で、謄本送達日の属する年末から30日以降に届けば、最終年分の次の年から、謄本送達の属する年分の次の年分まで、謄本送達から30日以内に一括納付。



実用新案法
特許法の1~3年分を30日以内→「1~3年分を出願と同時に」に変わるだけ。

・特許法4条の延長は無い
・発明者orその相続人or特許を受ける契約をした使用者が資力に乏しい時は→使用者は無し。

その他はほぼ特許と一緒。



意匠法

「査定謄本送達日から1年分を30日以内に一括で納付」
「2年目以降は前年以前に納付」


・上記30日は、請求により、さらに30日以内に限り延長可能。
・準特4条の延長(遠隔地)も可能。
・徴収猶予された1~3年分と、ノーマルな4年分以降はその後6ヶ月に限り、追納可能(割増料金発生)
・さらに納付期間を過ぎてしまった後でも、震災等やむをえない事情があるときは、6ヶ月に限り追納(追完)可能。




商標法

「査定謄本送達日から10年分(権利の全存続期間分)を30日以内に一括で納付」
「10年目以降は更新申請と同時に納付」


・前半5年分と後半5年分に分割納付可能
・後半5年分に関しては、その後6ヶ月に限り、追納可能(割増料金発生)
・追納期間経過後、さらに6ヶ月は商標権が暫定的に存在し、この追完期間のような6ヶ月を終了すると満了前5年の日に遡って消滅。更新時には追完あり。


スポンサーサイト
ブラックローマン
ブライトリング クロノマット ブラックローマン
コルト
ブライトリング コルト オートマチック
コルトGMT
ブライトリング コルトGMT (from BLUKE)
ロレGMT
ロレックス GMT (from All about)

どれも捨てがたい。今はこの4つで悩み中
さて、弁理士試験も大詰めと言うことで、「弁理士試験総まとめ」のタグを作りました。
え~いきなり!!
はいそうです。特許法を1条から17条くらいまでなんとか理解しましたけど、このペースじゃ当然間に合うワケありません。よって突然ですが「総まとめ」。



特許には「拒絶」と「無効」ってのが重要な要素であります。

拒絶は、特許の申請段階で、特許庁の審査官に「残念ですが・・・拒絶します!!」とされる事。

無効は、一度認められて特許権が付与された後で、誰かにイチャモンつけられて特許庁の審判官に「やっぱり無効にします!!

ってされる事です。どっちが精神的にキツイかというと・・・やっぱ無効でしょ。

だってねー、我が物顔でライセンス契約とかしたり、特許侵害だ~!!って賠償金もらったりしていたのにですよ。後から言われても・・・みたいな。
もちろんそれまでにもらった賠償金はそっくりそのまま返さないといけないしね(ライセンス料は返さなくてもいい)。それなら最初から拒絶しといてよ~って感じですよね。期待させといて。


ライバル会社との競争の激しい、自動車産業等では、日々、新しい発明とそれに伴う特許申請が行われてます。ライバル会社は、くっそ~あの特許邪魔やな!!潰してしまえ~!!と、全身全霊をかけて潰しにかかります。世界中の特許文献をあさって、ドイツで似たような発明があれば、特許庁に「ドイツで先に発明されてましたよ~特許にしていいんですか?」と、ドイツの書類をつけて無効審判を請求すると。まー特許を持ってる会社も黙ってません。「どこが一緒なんだ~違うだろ!!」と。大企業同士だと億のお金が動きます。その為、専属の特許戦略の部署があったりします。


さて、この拒絶理由と無効理由ですが、それぞれ限定列挙されてます。

1:新規性・進歩性なし
2:実は、後願だった
3:公序良俗違反
4:冒人出願(泥棒出願)だった
5:共同発明だったのに共同で出願していない
6:「29-2」でやられるはずだった
7:条約違反&外国人で特許受ける権利なしだった
8:明細書が分かりにくい、分からない
9:クレームが明細書にしっかり説明されていない
10:請求項ごとに明確でない
11:補正前と後で単一性なし
12:補正して新規事項追加してる
13:補正して新規事項追加してる(外国語で誤訳訂正でやるべきが手続補正書でやっちまった)
14:経済産業省令で定めたフォーマットと違う
15:2以上の発明を包含しているが単一性無し
16:文献公知発明の記載無し

ざっと挙げるとこんなもんでしょうか。


さて、この中で、無効理由から免除されているものはどれでしょう?
まー精神的ダメージも大きいし、まーこれくらいなら許してやるか~的な。

答え
13・・・まー誤訳訂正でやってればよかった話だし。
14・・・ちょっと様式の書き方間違えただけだし。
15・・・まーそれぞれで分けて出願してもそれぞれ登録になったわけだし。
16・・・まーこんくらいいいだろ。


これ以外には、無効理由にしかならないものもあります。
・後発的無効理由(パリ条約加盟国から途中で脱退した外国籍の人だった)
・訂正違反(後々訂正審判して訂正したが、その訂正が違法な訂正だった)

この2つは普通に考えれば拒絶理由にはなり得ないと分かります。




次に実用新案法ではどうか?

簡単です。

実用新案法では審査が無いので当然、拒絶理由なんてありません。

無効理由は上記特許法の無効理由の1~10、12(11の単一性無しまでは見ません)&後発的無効理由&訂正違反で、訂正違反が1項訂正違反(2項訂正以外のワンチャンス補正。2項訂正=請求項の削除のみ)に変わり、手続補正書でも誤訳訂正の範囲まで可になるだけ。



次は意匠法です。

意匠はデザインですから、発明の詳細な説明が無いとか、単一性がないとか補正後に新規事項追加とか、そんな小難しい事は考えません。補正後の事は考えません。

そして、進歩性なしは、創作非容易性なしという言い方に変わります。

そして、さらに、法上の「意匠」として認められるために、美観が求められたり、工業上利用性のために、しっかりと6面図が第三者が見ても分かりやすくないといけません。そして形状が機能確保の為に必要不可欠な場合は意匠権とれません。例えばBSとかのパラボナアンテナの楕円の形状ですね。あんなの意匠権で個別会社に独占を認めてしまうとエライ事になるからです。

また、他社の著名なカバンと似たデザインのような意匠は登録されません。
こんな商品を販売したら不正競争2①Ⅲにもあたります。

さらにさらに、意匠はナイフ・フォーク・スプーンでワンセットという組物意匠制度があり、類似形状までも保護する為に、関連意匠(本意匠に似ている意匠を保護)制度もあります。


では、以上の知識を前提にざっとあげてみます。


1:新規性・創作非容易性なし
2:実は、後願だった
3:公序良俗違反
4:冒人出願(泥棒出願)だった
5:共同発明だったのに共同で出願していない
6:「29-2」でやられるはずだった
7:条約違反&外国人で特許受ける権利なしだった

(ここまで特実といっしょ)

8:工業上利用性なし。6面図が大幅に間違っている
9:6面図がちょっとだけ間違ってる
10:法上の意匠ではない
11:機能確保の為に必要不可欠な形状である
12:他社の著名な意匠と混同を生じる意匠である
13:関連意匠に今回申請の関連意匠が似ていない
14:本意匠に今回申請の関連意匠が似ていない
15:組物の意匠として認められない意匠である
16:一意匠一出願違反


さて、この中で、無効理由にならないものはどれか??


答え
9:ちょっとだけならまーいいだろ。意匠には訂正審判の制度もないし。
14:関連意匠に関連意匠が似ていない場合は無限に連鎖してしまうけど、本意匠にならまーいだろ
15:まーそんなに害ないからいいだろ
16:まーそんなに害ないからいいだろ


それにつけたして、無効理由にしかならない後発的無効理由があると(パリ条約加盟国から脱退等)。



最後に商標法ですが。
これは、さらに特実意と異なり特殊です。
意匠だって、タイヤの溝の形のように、権利化を受けることで特許に似たメリットはあるんです。

商標はどうか?
「文字の選択物でしか無い」とされています。そのため実施権の代わりに「使用権」という言葉が出てきます。

そりゃそうです。その文字で営業頑張って有名にならなければ、駆け出し時代の商品名なんてほぼ意味無いですよ。腕時計に記載するブランド名をOBNにしようがOORにしようが、どっちでもいい。肝心なのはその後です。

地域団体商標(地域ブランド、夕張メロンとか)っていうちょっと特殊な場合は権利化を受けるメリットはありますが、それ以外はノーですよ。なので、単純に、同じ名前の商標が無いか?とか、使ってよい名前、絵柄かどうかですよ。


ということで、絶対的にまず商標にできないものを挙げると

1:商品、役務(サービス)に普通名称を普通に使われる用法で使う商標。
(パソコンに「パソコン」はだめ。りんごに「アップル」はだめですけど、パソコンに「アップル」は良い。普通に使われる用法ではないので。)

2:商品、役務に慣用されてる商標。
(清酒に「正宗」はダメ。カステラに「オランダ船」の図形もダメ。)

3:そのまんま、単純な商標。
(さわやかになる目薬に「さわやか」。赤ボールペンに「赤」。ドーナツにミルクかけて「ミルクドーナツ」)

4:ありふれた氏名名称の商標。
(佐藤、伊藤)

5:簡単でありふれた標章のみの商標。
(三角形、球、ab(アルファベット2文字))

6:何の商品だかよくわからない商標
(「平成」、「頑張ろうぜ」、模様のみ)

※以上の3,4,5であっても需要者の中で広く認識されていればOK
車に「ホンダ」、「マツダ」、「トヨタ」



以上が基本だけど、これ以外にあと19の登録できない商標があります。

1:国旗、菊花紋章、勲章、褒章又は外国の国旗と同一類似の商標。
(そりゃダメだろ)

2:パリ、WTO、商標法条約加盟国の紋章、記章であって経済産業大臣の指定の同一類似。
(まーダメなんだろね)

3:国際連合、その他の国際機関を表示する標章であって経済産業大臣が指定の同一類似。
(国際連合とかのマークを商品につけるのはダメでしょそりゃ)

4:赤十字や武力攻撃事態等における国民の保護の為の法律による特殊標章と同一類似。
(赤十字のマークはだめ)

5:日本、パリ、WTO、商標法条約加盟国の政府のお墨付き印章で経済産業大臣の指定する印章と同一類似の印章を使い、同一類似商品、役務に使用するとき。
(コーヒー豆にブラジル印章はだめ)

6:国や地方公共団体の著名なマーク
(東京都のマークや大学のマークとか。該当大学等が商品に使用する分にはよい)

7:公序良俗違反のマーク
(ポパイの作者に許可をとらないでマフラーに「ポパイ」はダメ)

8:他人の肖像又は氏名名称、著名な雅号、芸名、略称を「含む」商標はダメ。他人の承諾があればいい
(「キムタク」はだめ。出願時に著名でなければよい。5年以上経ってから気づいたら無効にできない)

9:政府の開催する博覧会、それ以外の博覧会で特許庁長官の指定する博覧会、外国での国際的な博覧会の賞と同一類似はだめ。

10:消費者、取引業者、一地方以上で有名な同一類似商標で、同一類似商品、役務につかうのはダメ。
(出願時に有名でなければいい。5年以上経ってから気づいたら無効にできない(不正競争目的でならだめ))

11:後願の商標
(詳しくは後願後登録。後願先登録は8条①で無効・異議に。5年以上経ってから気づいたら無効にできない)

12:他人の防護商標と「同一」で、「同一」の指定商品役務
(5年以上経ってから気づいたら無効にできない)

13:商標権が消滅した後(不正使用取消審判以外)、1年以内の同一類似商標、で同一類似商品役務はダメ。
(1年以内だけど5年以上経ってから気づいたら無効にできない。)

14:種苗法指定の品種登録の同一類似の商標。
(コシヒカリ、21世紀なし、巨峰。5年以上経ってから気づいたら無効にできない)

15:他人の著名商標と混同をきたすような商標
(出願時に著名でなければいい。5年以上経ってから気づいたら無効にできない(不正目的でならだめ。不正「競争」目的ではないよ。混同なので非類似にもありえるため、競争関係に無い同業者間では狭いため))

16:品質誤認をきたす商標
(米国化粧品にパリの「シャンゼリゼ」、中国腕時計に「swiss」

17:ぶどう酒、蒸留酒についての産地で特許庁もしくはWTO加盟国で使用してはいけないと指定した地名の商標。
(出願時に指定していなければよい。WTO加盟国でなければよい。5年以上経ってから気づいたら無効にできない(不正競争目的でならだめ))

18:包装等の機能発揮に不可欠な形状の立体商標はだめ。

19:不正の目的で(不正競争の目的ではない)、他人の日本もしくは外国にて周知な商標と同一類似はだめ。
(出願時に周知でなければよい)




ふ~長かったけど、以上の基本6と個別の19は全て、拒絶、無効、異議理由になります。

商標法のみ異議理由っていうのもがあります。

拒絶と無効審判の間ですね。登録後、商標掲載広報の発行日から2月以内に、誰でも登録異議申し立てができます。無効審判は利害関係人しかダメですよ。まーそれだけとっちゃダメな商標はとるなって事ですね。



さて、これ以外に、拒絶理由は
・地域団体商標出願で、地域団体の用件(週知性等)が無い場合。
・同一日に2以上の出願があって、協議で決めた人以外の申請。
・2以上の出願で協議でも決まらず、クジで決めた日と以外の申請。
・商標の不正使用取消で、5年間の再登録禁止期間内に登録されそうな商標。
・商標の使用権者の不正使用で取り消され、同じく5年以内。
・外国人で権利なし
・条約で禁止
・一商標一出願違反


一商標一出願はまーいいだろということで、異議にも無効理由にもなってません。

8条①の後願は、拒絶ではないが、異議・無効理由。

最後に無効理由にだけなるものに
・冒人出願
・地域団体商標が有名でなくなったとき
・後発的無効理由(条約違反に途中からなった)
・登録後に上記個別理由の1、2、3、5、7、16になったとき



どうですかコレ。

弁理士試験では、ほんの入り口の触り程度です。
さーみなさん!試験本番(短答)が5月22日ですね~

調子はどうですか?

私は・・・、受験料の12,000円が痛かった~(泣)


いやね、ほら、ただでさえ受験予備校に通う為の高額な授業料を払えず、独学でヒーヒー言ってるわけですからね。


痛いよ12,000円!!(泣)(再び)
いつも食べてる300円の昼弁当40食分です(ボソ)


弁理士試験は、理系の最高位資格です。旧司法試験にも難易度並ぶ試験です。こんな付け焼刃の勉強で受かったら専業受験生に失礼ですが、高額な受験料を払ったわけですから、最後までアガキます^^




さて、肝心な弁理士試験(短答)本番の科目は
・特許法   18問
・実用新案法  2問
・意匠法   10問
・商標法   10問
・条約    10問
・著作権法   5問
・不正競争防止法5問
の計60問です。
40問前後とれれば、合格です。論文試験のステージへ行けます。最終的には口述試験まであります。いや~特別職までの道のりは長い。


それでまー、今まで約半年にわたり、独学でやってきた感覚では・・・・
特許、実用、意匠、不正の4科目で点を稼ぐ試験かなと。

それ以外は、どうも難しい。イメージもつきにくい。

著作権ってイメージしやすいやん!!って思うでしょ??


いや、単純に本を書けば、著作権で保護されるよ~!ならイメージできますよ。

でもね、一品製作の建築物も著作物なんですよ。

もっと言うと、マツケンサンバの振り付け・・・この振り付けも著作物なんです。イメージしにくい・・・。




さて、弁理士試験の勉強の感想は、とにかく法文(知的財産権法)の理解が難しいです。

特許、実用、意匠、商標、条約が一つの法律の中で行ったりきたり。

一つの法律の中でも、後ろ行ったり前行ったりと。

つまりは準用が大変多くて、理解がしにくい。


一度、全ての法律を勉強して、山の頂上に行かないと、一つの法律ですら理解できないです。

例えば・・・・


特許法43条を読むと・・・

第43条 パリ条約第四条D(1)の規定により特許出願について優先権を主張しようとする者は、その旨並びに最初に出願をし若しくは同条C(4)の規定により最初の出願とみなされた出願をし又は同条A(2)の規定により最初に出願をしたものと認められたパリ条約の同盟国の国名及び出願の年月日を記載した書面を特許出願と同時に特許庁長官に提出しなければならない。
2  前項の規定による優先権の主張をした者は、最初に出願をし、若しくはパリ条約第四条C(4)の規定により最初の出願とみなされた出願をし、若しくは同条A(2)の規定により最初に出願をしたものと認められたパリ条約の同盟国の認証がある出願の年月日を記載した書面、その出願の際の書類で明細書、特許請求の範囲若しくは実用新案登録請求の範囲及び図面に相当するものの謄本又はこれらと同様な内容を有する公報若しくは証明書であつてその同盟国の政府が発行したものを次の各号に掲げる日のうち最先の日から一年四月以内に特許庁長官に提出しなければならない。
一  当該最初の出願若しくはパリ条約第四条C(4)の規定により当該最初の出願とみなされた出願又は同条A(2)の規定により当該最初の出願と認められた出願の日
二  その特許出願が第四十一条第一項の規定による優先権の主張を伴う場合における当該優先権の主張の基礎とした出願の日
三  その特許出願が前項又は次条第一項若しくは第二項の規定による他の優先権の主張を伴う場合における当該優先権の主張の基礎とした出願の日
3  第一項の規定による優先権の主張をした者は、最初の出願若しくはパリ条約第四条C(4)の規定により最初の出願とみなされた出願又は同条A(2)の規定により最初の出願と認められた出願の番号を記載した書面を前項に規定する書類とともに特許庁長官に提出しなければならない。ただし、同項に規定する書類の提出前にその番号を知ることができないときは、当該書面に代えてその理由を記載した書面を提出し、かつ、その番号を知つたときは、遅滞なく、その番号を記載した書面を提出しなければならない。
4  第一項の規定による優先権の主張をした者が第二項に規定する期間内に同項に規定する書類を提出しないときは、当該優先権の主張は、その効力を失う。
5  第二項に規定する書類に記載されている事項を電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法をいう。)によりパリ条約の同盟国の政府又は工業所有権に関する国際機関との間で交換することができる場合として経済産業省令で定める場合において、第一項の規定による優先権の主張をした者が、第二項に規定する期間内に、出願の番号その他の当該事項を交換するために必要な事項として経済産業省令で定める事項を記載した書面を特許庁長官に提出したときは、前二項の規定の適用については、第二項に規定する書類を提出したものとみなす。


これ、さっそく条約の知識が無いと読めません。


そんな法律ありますか?

例えば民法。
民法は民法ですよ!
「民法○○条 所得税法○条の時はAです。」
なんて条文ありません。



そして、やたらと( )が多い!
( )を飛ばしてやっと読めるけど、その( )の中身が試験に出やすい。

いやーホントに嫌味な試験ですよ。


嫌味な試験で思い出しましたけど、今日、試験問題を解いていて、「最も適切なものを1~5から選べ」という問題の答えが「最も適切なのは1と5」ですよ。泣ける



さすが!の難易度です。

でも、その難易度だからこそ価値があります。


過去問を一問やってみましょうか。

裁判所は,特許権に基づく差止請求の訴訟において,当該特許発明が新規性を欠いて当該特許が明らかに無効と認められる場合には,権利の濫用として,その請求を棄却することができるが,明らかに無効とすべき理由が進歩性の欠如である場合には,その請求を棄却することができない。○or×


どうでしょうか?

明らかに新規性無しで、そんな物、誰でも知ってるし、特に目新しくも無い!って場合は特許になってる方がおかしいですよね。そりゃー有無も言わさず請求棄却!!
進歩性なしの場合はどうか・・・?目新しくは無いけども・・・・誰でも思いつくでしょ!って時ですね。
「・・・という発明であれば、その当時において、誰にも思いつかない発明とまでは言いがたい。」って技術の専門家で無い裁判官でも分かるような発明だってあるでしょ。そんな感じで判決も出そうだし。
よって進歩性無しでも請求棄却できる場合だってある!!

正解
よしよし^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。