上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、少子化問題が叫ばれてます。

高齢者がどんどん増えて、子供がどんどん少なくなると、年金システムが崩壊するからです。


でもです。


今の時代、正社員になっても給与がどんどんカットされて、先行きが全く見えないんです。
公務員だって、突然の7%カットです。ここぞとばかりに人件費を大きく削減した企業も多いと思います。


そのうえ、消費税が10%と倍に跳ね上がります。


さらに子供の扶養控除も廃止されて、所得税が大はばに跳ね上がりました。

その所得税に連動して住民税も大はばに跳ね上がりました。


子供の扶養控除廃止する代わりに子供手当てを2万円にすることで相殺のプラマイ0のはずが、子供手当てがその半分になりました。


どうですか??


こんな先行きが見えない状況です。

政権が変わって改革派が政権を取ると、色んなものがぶっ壊されて、さらに今後どうなるか全く見通しができません。



子供を産みたくても産めないってのが今の日本ではないです?


私の周りでも、安心して子供を産めるのは、親に家や土地をもらったり、子供の世話をしてもらったり、それ以外でも親からの何らかの援助がある人です。


例え正社員であっても、親の援助を一切受けずに自分たちだけの力で子供を育てるのが難しい。そんな日本が現状ではないでしょうか。


じゃあ、まずどうすればいいか・・・・



私はまず、そもそも保険料を払っていない専業主婦が貰える第三号年金を、そっくりそのまま子供手当てにすり変えればいいって思います。

妻を専業主婦にできるサラリーマンは裕福な人でしょ。
そりゃー夫の厚生年金、企業年金だけで十分やっていけますよ。


いや、保険料をそもそも払ってないんですから。

しかも税金の控除まで受けてるわけですから。いまだに。子供の控除は廃止されてますよ。
スポンサーサイト
さて、弁理士試験の独学について、ひたすら真面目に記事を書いてますが、最近思うことに、予備校がどんどん独学をしにくい状況を作り出してるな~と。


だってね。


LEC出版の誰しもが参考にする「短答アドバンストテキスト」。この名著がまず一般者向けに販売を停止しました。

受講生のみが購入できます。と・・・・。


そこで前回私は、「模試」を受けても受講生の取扱なので、模試を受けてアドバンステキストを購入しましょうって提案しましたが、今度は・・


「短答実践力講座」を受講しないとダメですよってなりました。

これ11万円くらいしますよ。えぇ。予備校戦略恐るべし。

しかも、かなりアドバンスの内容が薄くなったとか・・・・。



こうなると困りますね~。


市販されてるTACのエレメンツは、ある程度独学をしてきて試験も受けてって経験をつんできてみると・・・明らかに内容が少なすぎます。その上、読んでると眠くなります。淡々とした口調で記載されてるからでしょうか。


そこで、どうするか・・・?


::::::::::::ここからのぶっち流独学法:::::::::

私が今から独学を始めたなら、まず伊藤真の「実務法律講座・知的財産権法」を読み(読みやすいので)、次に特許庁の「H24年版 初心者向けテキスト」(ネットで検索したらタダで手に入ります)ですね。

さて、問題はここからですね。短答アドバンスが11万円もしますので、なんとか眠いけど頑張ってエレメンツをザッと読みます。

そして、LECの過去問解きながら、PATECの4法対照条文集に書き込み。って流れですかね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


LECの短答アドバンスがデチューンの今、短答アドバンスに変わる名著になるのは何かと参考書探しの旅に出た結果(暇だな~俺。予備校にも参考に見せて~受講しないけど・・・ってかなりタチワル客です)・・・


TACの短答逐条テキスト

この出来はスバラシかった。

ついに短答アドヴァンスも世代交代か?って思いましたね。


ただ、手に入れるには「短答逐条講座」を取らないとダメなんです。


でもね、これは5万円くらいですよ(テキスト代込)。まーそれでも高いけど。講義音声ついてくるので、もし特許庁の初学者向けテキスト、エレメンツまで読み終わった人には良いかもしれません。
とは言ってもエレメンツくらいまではザッと読んで理解できてないと、いきなり逐条テキストはキツイですよ。かなり凝縮されてますので。


もちろん講座とらなくても、現在の私(あと合格まで数点)まではもってこれます。



いやー混迷してるな~私。
子育てをする親の誰もが経験するこの子供の「グズリ」

ホンットーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに悩まされます。


ワケもなく泣くんですね~「夜中に」 その一日で不安な事があったり、刺激的な事があると、

大人はたまりません(泣き声は爆音なので)


本日は、保育園主催の「お祭り」でした。



その打ち上げで、まー子供は寝ている様な時間に設定されるわけです。


勿論、親としては、そんな毎日寝ているような時間帯に子供を連れていったら・・・・興奮して夜中にグズるな

って思うわけです。


でも長男(4歳)が友達がいるから打ち上げに行きたい!!!って言うわけです。

しょうがなく連れて行きました。



そして、今夜、案の定、泣き出しました。



そんな泣いてる長男に


「泣き止まないんだったら、もう子供たちがいる今日みたいな打ち上げには行かないよ。」


と言うと・・・


「いやっ!!!」

とさらに泣く。


思い通りにいきません。いや~大変ですわ。
合格発表ならびに合格点の発表がありました。


合格点がなんと37点



ええ。



去年も今年も、あと数点。




この数点が埋められない。




奥が深い試験です。
沖縄へ逃避行を考えてます。


あまりにも落ち込んでいる私に対して、さらにドギツイ罵声を浴びせた嫁が(ゴールデンウィーク5日間と5月は土日勉強に専念させてもらったので)、言いすぎたと思ったのか、提案してきました。

(10月から4月は仕事が殺人的に忙しかったので、手に付かず。5月に一気に勉強させてもらいました。業務分担見なおしてくれ~(泣))



石垣島、宮古島、黒島、あたり。



ガイドブックを読むと・・・・


日本本土の人が宮古島へ行くと、かなり車(レンタカー)のスピードを出すみたいです。

それがとても危険で、オービスに捕まるばかりか、人身事故も多いとか。



現地の人はというと・・・・・


30キロだそうです。




長生きの秘訣ここにあり(沖縄が平均寿命トップ)



あんまり生き急いでもアカンですよ。

今年はやったな!

これは受かったな。


と正直思ってしまいました。


恥ずかしながら・・・・。



結果は・・・・


去年と点数があまり変わっていなかったです。

はい。


落ちました。36点に足りませんでした。



ちょっとさすがに今回はこたえました。




悔しさというより、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
協力してくれた嫁や、その他応援してくれた同僚、期待をしてくれていたかもしれない上司に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいです。



ホントにアカン。






でも・・・・



規則を問いますか?青本の内容を問いますか?


いや、私も、特実意商条著不の7科目中、条約のPCTの規則。これは分かります。

でもまさかメイン4法中の意匠法の規則を問われるとは・・・。
意匠の区分がだいたい同じであれば良いってやつですね。組物はだいたいじゃダメと。
意匠法の規則の別表の下にチョロっと書いてありました。これを出すか?


ちょっとこたえました。正直。


・・・・


言い訳です。

実力不足です。



くそっ





もう辞めようかと・・・ブログも閉鎖しようかと考ました。


でも、嫁からブログはやめて欲しく無いと言われ(結構嫁的には面白いらしい。勉強とブライトリングの記事以外)・・・・・・・

職場で協力してくれた同僚からも、勉強を続けて欲しいと言われ・・・・・


思いとどまりました。



特に、職場の後輩に「辞めて特になる事って無いですから」と、とってもクールにサラッと言われたことが妙に説得力ありました。えぇ。


人生一生勉強ですわ。


いつ何が起こるか分からない 先が見えないこんな世の中ですから、英語の勉強もしなくては・・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。