上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ではTOEICの受験者が増え、昔ながらの英検の受験者が減っているそうです。
理由は明確。グローバルスタンダードか、日本のみか。


TOEICは米国のETS(Educational Testing Service)がつくっており、英検は財団法人日本英語検定協がつくってます。

現在、旧TOEICは2006年5月より新TOEICにリニューアルされ、内容は長文化、多数国のネーティブスピーカーになり難化。
//////////////////////////////////////////////////////////////
新旧両方のTOEIC受験経験者を対象に、(財)国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会が行なったアンケート結果[1]によれば、56.8%が再構成後のTOEICは難しくなったと感じている。この傾向は下位層ほど顕著であり、10~395点の受験者では実に85.6%、400~495点の受験者では69.9%、500~595点の受験者では59.3%が「難しくなった」と回答している。また、600~695点の受験者では58.9%、700~795点の受験者では48.6%で、800~895点の受験者では47.9%で、900~990点の受験者では39.8%が「難しくなった」と回答した。
////////////////////////////////////////////////////////////// byウィキペディア
800点台の人でも100点程度点数が落ちているらしい。

さて、そんな状況でもTOEICの受験者が増えています。

なんでかなーなんて思ってましたけど、最近分かりました。


グローバルスタンダードって、簡単に言えば、みんな同じ試験受けてきてるって事です。
約60カ国の人が一様に。
イクフンとかいう名前の韓国の有名講師が、その講義を日本語訳したものが日本で売れてるくらいです。
それくらい韓国が受験大国だって事でしょうけど・・・・

まあ、何が言いたいかというと、以前にもいいましたが、TOEICは、独特の言い回しや、頻出単語があります。
それをこの60カ国の人が私と同じように勉強してるって事です。

例えば、defective、in descending order、entitle to~、eligible、authorized service 等はTOEIC頻出なんですが、それをみんな勉強してきてるわけです。

つまり、日本へ旅行へ来ている外国人、留学生なんて特に、ネイティブでない人とは、TOEICという共通点が既にあるわけです。お互いTOEIC(又はTOEFL)用の英語で話すわけです。

Can I apply for?(私でも申請できますか?)なーんて聞かれた時に、
You are eligible.(大丈夫。資格ありますよ)と言っておけば間違いなく通じます。


そういった視点でTOEIC(又はTOEFL)を勉強するのもありかもしれません。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。