今回は学生時代にやったビリヤード場店員の話をします。


はれてビリヤード場の店員になって、さーやるぞ!!という意気込みとは裏腹に、最初にやらされるのは
まっすぐうち
ひたすらこのマッスグ打ち。オーベリーマッスグネー

朝から晩まで、ひたすらこのマッスグ打ち。

気が狂います。




10球やって10球が確実に入る→今度は白球の上をついて同じく10球→白だまの下をついて10球
これが確実になってから、やっと角度をつけたショットに入れます。


一度みなさん、やってみて下さい。
意外と狙った所にとんでない事が分かります。
その人の癖もあったり(なぜか全て右へ行く!みたいない)。

まずマッスグが狙えてないって事は、角度がついてる玉も、正確には狙えてないって事です。
自分が思ってる所にとばせてないって事です。
つまり、マッスグ打ちが入らないって事は、それまで遊びで友達とやりあって、ポケットしていたのは全て偶然って事になります。


一度やってみて下さい。10球全て入れれるかどうか。
10球入って初めてビリヤード開始です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック