上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えーまず、不動産ですが(突然)・・・

例えば自分の持ってる不動産を、王子さんに売った後にIZAWAさんに売ったとしますね。

いや、もちろんこれは契約上です。物は1つしかありませんから。

IZAWAさんは仮想の売買契約です(だまされてる)。


さて、不動産登記を法務局へ行って、王子さんよりもIZAWAさんが先にした場合、この私の土地、誰の物になるでしょう??


答え:IZAWAさん

ええ~~嘘ー!!って王子は叫ぶかもしれませんが、これが法律です。決まりです。
つまり、早く登記した者勝ち。
なので、今の日本では、不動産売買があったら、司法書士さんが法務局へ我先にと走るわけです。オレ一番!!ってな感じで。詐欺っぽい人(IZAWA)がいて、目の前で、直前に登記されてしまうとアウトーー!!


さて本題です。
じゃあ特許ってどうなの?って事です。

不動産のように形を成していないアイデアです。

答え:出願です。

つまり、同じアイデアでも先に出願したもの勝ち。

アメリカ以外の先進国ではこの「先願主義」がとられてます。
アメリカは「先発明主義」。つまり先に発明したもの勝ち。
アメリカの方が理にかなってますが、なにせ立証が難しいんです。オレが実は先に発明しとったんや~!!なんて、言った者勝ちですから。だから先願主義の方が合理的なんです。アメリカもそのうち先願主義になるって言われてます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。