上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の天職って何だろ・・・・?

なんて思ってる人多いと思います。


斉藤一人さんの書籍「100年たってもいい話」の中に、天職は、今している仕事です、と書いてありました。

確かに、今やってる仕事って、最初自分の興味のある分野、範囲のものから選んだのは確かだし、それでいて長く続いているのであれば、やはり天職なのかもしれません。

もちろん、内容よりも安定を求めたってんだったら、安定した職場が天職だし。少なくともそんな人は、年収1000万円だけど、来年は0になるかもしれないって業界には転職しないでしょ。そんな意味でも天職。

資格試験に夢破れた場合であっても、今の仕事をしてるって事は、なにがなんでもその資格ってわけじゃなくて、最終段階では、今の仕事を選んでるわけだし。諦めたってことは、諦めて今の状況でもいいってことだし。

そう考えると、その時、その時のベストチョイスが今なわけで、したがって今してる仕事が天職なのかもしれないです。

斉藤一人さんは、今してる仕事は「縁がある」わけで、したがって天職なんだと言ってました。
数年前に第一希望がダメで第二希望になって、数年後に第一希望の職場で働ける!ってなった時に、すでに熱が冷めていて、なんなら第二希望だった職場の方がよく思える事があって、それを考えると、確かに「縁」もあるなーって気もします。


ちなみに自分の「天職」を調べる本があって、それで自分の天職を調べてみたら、「多くの人とコミュニケーションをとって、古い型にしばられずに、教えたり、企画をしたり、デザインを考える」ような仕事とでました。
今してる仕事とは・・・・・ちょっと遠いような・・・・・。
まあのびのびとやらさせてもらってるので、その点はいいかも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お仕事。
最低点クリアかつ満足の項目があげられれば、天職かなと思う。
のぶっちさんは多分そうだと思うから天職だよ☆
私は最低点クリア出来てないので、天職に転職したいな。ご縁があれば。
2010/05/16(Sun) 01:29 | URL | sana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。