上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今日は、いつも出てくる日系ブラジル人のizawaさんの親友のグーテンベルグhosoiさんのお話です。
地学で出てくるグーテンベルグ不連続面のグーテンベルグの親族です。

この人、ドイツ人とのハーフの魚屋さんです。

私の席の近くに座っているんですけど、毎朝毎朝、とっても爽やかな笑顔で登場します。
毎朝、大型マグロをさばいてから出勤されます。

かなり大変なはずなのにこの笑顔です。相当精神が強いと思います。

でも、嫌なことがあると、小さい声でドイツ語でボヤキます(イッヒレルネンドゥ~)

この間、この人の家の前を通りすぎましたが、腕まくりをした片手にマグロ、普段からは想像もつかない大声で汗だくで呼び込みをしてました。事務にいる普段は、そんな事を微塵も感じさせない優雅で爽やかな雰囲気です。

こんな人の為に「流石」という言葉があるんですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。