上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から少しずつ過去問もおりまぜていこうと思います。

法人でない社団又は財団であって、代表者又は管理人の定めのあるものは、審判の結果について、利害関係を有する場合であっても、特許無効の審判の請求人を補助するために、その審判に参加することはできない。(H15-47)


答え=NO
法人でない社団又は財団で、代表者の定めのあるものってのは、サークルとかで代表者が決まってるやつです。そういった集まりは、特許無効審判の請求ができます。(6条) 特許無効の審判を請求できるものは当事者参加ができます。したがってそれよりも要件が軽い補助参加もできます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。