上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菅さん、消費税の「失言問題」から、暴走しだしましたね。
ギリシャの影響が大きいみたいです。


来年度予算にシーリング・・・


これが国立大学に適用されると、学生一人あたり、年間授業料23万円値上げだそうです。
もしくは、大阪大と九州大が潰れる試算だとか。
もらえるかどうか不透明な来年度こども手当の為の代償があまりにも大きい気がします。
挙句の果てに、やっぱ子供手当ても無理でした・・・とかなりそうですけど。


もちろん大学側は猛反発。国立大学の存在は、所得の少ない家庭にも等しく教育を!ってことですから。

こんな事してて、成長戦略とは笑えます。

すでに中国、韓国に「追い抜かれてる」現状で、これは正直マズイ。


財布のヒモを閉めるのは今じゃない


それとも・・・・まさか、未だに中国、韓国に負けてないとでも・・・?

子供の学力では到底両国に及びません。圧倒されてます。経済も中国に圧倒されるばかりか、頼らざるを得ない状況です。


公務員叩きで人気とっても、その人気はヒガミの塊です。負の連鎖で発展性が全く無いんです。

公務員の給与をパーっと上げた方が・・・その時は許せないかもしれませんが、意外と民間企業って公務員準拠が多いんです。自分の給与もアレレ・・・みたいな。意外と景気良くなったりします。

公務員の給与を下げることが、自分の会社の給与を下げる口実作りになってたりします。


なぜだか知ってますか?


公務員の給与を決める人事院が、民間の給与を実際に足を運んで調べるんですけど、その時に「参考資料」として、その企業に公務員の詳しい人事関係資料を置いてくるからです。あくまで「参考」という名目ですけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
GDP
なんか中国に名目GDPは来年抜かれるらしーね。
時代はそこまで来たか。。。
私たちがご高齢の時は、完全に逆転してんのかなぁ?
2010/08/03(Tue) 00:28 | URL | sana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。