上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた行って来ました。嫁実家の淡路島

某ホテルに一泊夕食付で0円になる券を持っていて、有効期限が迫っていたので使ってくるのが動機です。

嫁も一緒に、夕食を食べようかと思いましたが、夕食のフレンチ、無料で無い人は、一人1万円とフロントに教えて頂き、「はい無理!!」ということで、私、一人の贅沢な時間を過ごしてきました。

ホテルの部屋からの景色
ホテルから外

そして、一人フレンチ
フレンチ
この白い泡(ムース)の中に焼き魚入ってます。
「俺の瞳にカンパイ」
周りは勿論、カップルです。

驚いたのは、最後の紅茶を持ってくる時に店員が
「○○様、左利きでしょうか?左利きの方に、このようにカップを置くのは失礼になりますので。フォークを左手で持ってみえましたので。」と・・・。お客も多く、忙しい中、そんなところを見ているなんて、流石です

ホント、美味しかったです。
でも、その店員が、帰り際「○○様、ありがとうございました」と言ってきた時に「美味しかったです」とか「気持ちのいいサービスをありがとう」とか、そんな気の利いた言葉がでてこなくて、ただお辞儀をするだけの私・・・なんて小物なんでしょ!! 勉強になりました。


そして部屋に戻り、オシャレに勉強タイム
ホテル勉強1
ホテル勉強2

久しぶりにゆっくりと時間を過ごさせて頂きました。


もちろん1日限定で、それ以外の日は、子供や、いとこを海に連れて行ったり、プールに連れて行ったり、花火をしてあげたり・・・・・。

何はともあれもりだくさんな淡路島でした。

そして帰宅後、子供二人は39度の熱を出し、中耳炎発症で、現在二人とも寝込んでます(遊びすぎ?)。
それにしても、うちの子はよく中耳炎になります。


そういえばみなさん、淡路島の名物「ウミホタル」を知ってますか?

山でみる蛍の海バージョンです。砂浜に生息しています。どんなのか?こんなの。ワイングラスに海水と一緒に入れてます。
ウミホタル
この小さい、黒っぽい粒々が「ウミホタル」です。節足動物で、触ると堅いです。

このウミホタルに刺激を与えると・・・・・ボワーっと
ウミホタル青

すごいですねー。太古の昔より、青く光っていたそうです。神秘的ですね。

ウミホタルは、綺麗な海水と、綺麗な白浜と、赤潮っていう条件が整わないと砂浜に生息しません。

日本では、最近は、この淡路島と、まさにウミホタル(建造物)で有名な千葉の、まさにその建造物の周辺だけだそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。