上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、前回は熱くなってしまいましたが、冷静になって今回の釈放について考えてみましょう。

なぜ早期に釈放したのか・・・


まず、実際に国内法にのっとって、正式に訴訟の手続きをとったらどうなっていたのか?
みなさんも考えてみて下さい・・・・。




まず船長を拘置所で拘留します。

長い期間をかけて、検察で中国人船長を「起訴」するか「不起訴」にするかを決めます。
この時に大事なのが船長に「悪意」があるかです。

この船長は、中国政府によって、島が本当に中国のものであると思い込んでいる可能性が高いです。

衝突は「故意」だったのか?ビデオでは潮の流れに押されたんだと言われると、反証するには弱いものだったそうです。


起訴も難しい状況ですが、あわよく起訴したとして、有罪になったとします。


初犯です。


どうなると思います?

「執行猶予付」判決です。


結果的には、必ずこの中国人船長は中国へ帰る事になります。
早いか遅いかだけ。

中国側からしてみれば、船長が帰ってくるのが早いか遅いかだけで、日本の法律にのっとってやったのかどうか?なんて難しい事は分からないのではないでしょうか?


そう考えると、船長が捕らえられた事実が大事で、後は、早めに釈放した方が懸命だったのかしれません。実際にレアアース禁輸等、経済に影響が出てましたし。突然禁輸なんて今の時代で有り得ませんけど・・・。釈放が早くても遅くても中国は賠償を要求してきますよ。これも有り得ませんけど。

大事なのはやはり今後です。

国会でも今後、野党が与党を今回の件について問いただすでしょうし、よくも悪くも日本人の尖閣諸島への認識は高まりました。苦しくも今回の検察の釈放によって。

やはり大事なのは今後です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
しょうがないですよ
右派の自民党だったら強気に出て話が大きくなり、中日両国ともにダメージを受けてしまいます。結局、漁夫の利を得るのはアメリカです。

日本は「話し合いでいこう」を国是とした平和国ですし、民主党はこの方針を尊重してくれる左派の平和政党です。時にはこういう対応も仕方無いと思います。
私としては、尖閣諸島と独島(竹島)と北方領土は友情の島にするしかないんじゃないかと思います。

ただ、民主党が推し進めている外国人参政権だけは、日本が内部から切り崩される制度になるのではないかと心配します。
選択的夫婦別姓は賛成ですけどね。


外国人参政権に反対する会
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/
2010/09/26(Sun) 23:31 | URL | 民主党支持の弁理士 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。