上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮の朝鮮人民軍が23日午後2時半すぎ、砲撃開始。韓国軍も応戦。延坪島では家屋多数が炎上。韓国軍兵士2人が死亡し6人が重傷、10人が軽傷を負ったほか住民3人も負傷した。韓国大統領府は「明白な武力挑発。民間人にまで無差別砲撃を行ったことは決して容認できない」とする声明を発表。

ついに始まってしまうのでしょうか・・・戦争。
大統領がここまで強気は発言をしたということは、おそらく白黒つくまでいくのではないでしょうか?

遠い国の話ではなくて、韓国って遠いようで、沖縄より俄然近いですよ。

北朝鮮は最近「核」の存在をアピールしてますし・・・・。

みなさん、やり残した事はありませんか?


もしも戦争になった場合、単なる2国の争いでは無く、非常に奥の深い問題がはらんでます。
それはつまり、民主主義(韓国)VS社会主義(北朝鮮)ということです。

日本を含め、アメリカ等の民主主義の国々は、韓国と言う民主大国が社会主義に屈してしまう事は、恐らく容認できないでしょう。逆もまた然りです。


北朝鮮は、恐らく、中国、ロシア等に応援を頼みます。
韓国は恐らく日本、アメリカ等に応援を頼みます。

日本もこれは当然に傍観はできないでしょう。だって拉致被害者がいますから。



私は、なぜ今!!?って思います。


今の日本の実権を握る官房長官は、もとは社会党(左)の方です。アメリカとも関係が悪化しているし。「中国様」とか言ってる始末。外交に問題もありまくりな政権の時に、まさになぜ今??って思ってしまいます。

そもそも選んだのは我々国民ですが・・・。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。