上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さーやっていきましょうか。
問題H17-1

特許法29条の2に規定する拡大先願に関し、次のうち誤っているものはいくつあるか。
ただし、特許出願は優先権の主張を伴わなず、分割又は変更にかかるものでも国際出願でもない。


(イ) 乙は、甲が発明した発明イを知り、発明イと関連する発明ロを発明し、発明ロに係る特許出願Aをした。Aの願書に最初に添付した明細書には、甲のした発明イが記載されていた。甲は、発明イに係る特許出願Bを、Aの出願の日後かつAの出願公開前にした。この場合、その後、Aが出願公開されたとしても、Aがいわゆる拡大された範囲の先願であることを理由として、Bが拒絶されることはない。

○ だって、乙の明細書に書かれた発明イは甲さんのものって書かれてるわけでしょ。それでそのあと甲さんがイの発明を出願したんだから、同一発明者にあたる。よって29-2で拒絶されない。


(ロ) 甲は、特許出願Aをした。Aの願書に最初に添付した明細書には、甲が自ら発明した発明イが記載されていた。乙は、自ら発明した発明イに係る特許出願Bを、Aの出願の日後かつAの出願公開前にした。この場合、Aの出願後に、Aについての特許を受ける権利を甲が乙に譲渡し、Bの出願前にその旨を特許庁長官に届け出たときは、その後、Aが出願公開されたとしても、Aがいわゆる拡大された範囲の先願であることを理由として、Bが拒絶されることはない。

○ 出願後の特許を受ける権利の譲渡は届出をもって効力が生じる。したがって、Bの出願時には、AもBも出願人は乙になる。よって出願人同一により29-2で拒絶されない。


(ハ)甲は、外国語書面出願Aをした。Aの願書に最初に添付した外国語書面には、甲が自ら発明した発明イが記載されていた。乙は、自ら発明した発明イに係る特許出願Bを、Aの出願の日後かつAの出願公開前にした。この場合、その後、Aが出願公開されたとしても、甲の発明した発明イがその外国語書面の翻訳文に記載されていないときは、Aがいわゆる拡大された範囲の先願であることを理由として、Bが拒絶されることはない。

× 29-2で拒絶される。翻訳文はクレームにあたるけど、外国語書面まで拡大先願は見るから。クレームアップ(誤訳訂正で)される可能性もあるので。


(ニ) 乙は、甲が発明した発明イに関し、発明者でなく、特許を受ける権利も承継していないにもかかわらず特許出願Aをした。丙は、自ら発明した発明イに係る特許出願Bを、Aの出願の日後かつAの出願公開前に行った。この場合、その後、Aが出願公開されたとしても、Aがいわゆる拡大された範囲の先願であることを理由として、Bが拒絶されることはない。

× 29-2で拒絶される。乙はつまり冒認出願(泥棒)だけど、29-2においては先願になる。よって拒絶される。この後は損害賠償の問題になると考えられる。


ということで、2つが正解。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。