上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グランセイコー

GS(グランドSEIKO)

やっぱいいですね。腕時計の中でも技術力、質の高さではSEIKOが群を抜いてます。
そのSEIKOの中でも、技術の集大成であり、トップに君臨するのが、この「グランドSEIKO」です。

腕時計の王者の貫禄がやっぱりあります。

今日腕時計をこりもせずまた見に行きましたが・・・・やっぱり質が、他の時計(ロレックス、オメガ等)を凌駕しています。
技術力の凄さを思い知らされます。


SEIKOは、クオーツの先駆者(クオーツ(電池式)腕時計の発明者)として名をはせていますが、機械式時計に至っても、スプリングドライブ等は、竜頭の回し心地から、秒針の動きに至るまで、まさに「美」の領域です。
パワーゲージが付いているので、ゼンマイの巻きすぎも怖くありません。
ゼンマイをフルで巻いて、3日持ちます。ロレで3日持つのはデイトナのみです。


いやー、今後30年、ずーっと使い続けるならば、GSで鉄板なんでしょうけど。


ブライトリングの派手さもいい。GSの質もいい・・・・。



迷います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。