上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それじゃーとりあえず184条の3からいってみましょ。


(国際出願による特許出願)
第184条の3 1970年6月19日にワシントンで作成された特許協力条約(以下この章において「条約」という。)第11条(1)若しくは(2)(b)又は第14条(2)の規定に基づく国際出願日が認められた国際出願であつて、条約第4条(1)(ii)の指定国に日本国を含むもの(特許出願に係るものに限る。)は、その国際出願日にされた特許出願とみなす。
2 前項の規定により特許出願とみなされた国際出願(以下「国際特許出願」という。)については、第43条(第43条の2第3項において準用する場合を含む。)の規定は、適用しない。


太くした所だけ読んでみて下さい。なんとなく分かります。


1項は、国際出願で、日本に入ってる特許出願は、国際出願日を日本での出願日とした特許出願とみなしましょう。それを国際特許出願と呼びましょう。

2項は、1項のような日本に入ってくる出願においては、パリ優先権でおなじみの優先権証明書を提出する手続きはいりませんよ。


とまあ、そういうことです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。