さーそれでは、二つの本命腕時計を実際に比較してみましょう。

ロレックス オイスターパーペチュアルデイト
ブライトリング コルトオート
オイスターパーペチュアル
コルト


うーん・・・・・私はやっぱ・・・ブラかな・・・(悩)


ただ、このブライトリングコルトオートは、すでに生産終了がほぼ決定しています。
新しいモデルにモデルチェンジする様です。恐らくベゼルが黒になるようですが。

え??なぜ私が知っているか??

街の腕時計屋さんと会話をしているうちに色々と情報が入ってくるんです。正規代理店とかだとメーカーの社長さんとも面識があったり。そんなところから情報が入ってくるわけです。

確実に決定するのは、3月24日からスイスで開催予定のバーゼルワールド2011http://www.baselworld.com/ja-JP.aspxにて発表があってからですが。


このバーゼルワールドっていうのは、毎年の腕時計業界の春の祭典の様なもので、時計業界にとっては一大イベントなわけです。

高級腕時計を扱う街の時計屋さんや、正規代理店、ある程度の規模の時計屋さんは、このイベントの為に、今頃粛々と「出張」と言う名の、小旅行の為の準備に奔走しています。

このバーゼルワールドにて、有名腕時計メーカーは一斉に新作を発表します。


その新作発表を受けて、街の時計屋さんは広告をうちます。そして予約受付を開始。


3月末のバーゼルで発表があってから、日本の正規代理店等に商品が入るのは早くても6月です。

つまり、6月までに、現行商品が欲しければ買えと。在庫限りだぞと。まーそういうことです。


ブライトリングはなんと、今回現行ラインナップの4割のモデルチェンジをするらしいです(驚)。

ブライトリングというメーカー自体、モデルチェンジは多いのですが、今回のモデルチェンジはかなりの規模で、それだけに時計業界では注目を浴びています。ブライトリングで検索するとヒットする腕時計を見て分かるように、非常にデザイン性に優れた腕時計が多いです。モデルチェンジを頻繁にするということは、そういう事です。古臭さを出さない。

私もそのデザイン性に魅了された一人ですが・・・。

ホントにブライトリングというメーカーには驚かされます。

ブライトリング去年の売れ筋ナンバーワンが、このクロノスーパーオーシャン。
クロノスーパーオーシャン

私もついついカッコ良いので試着してしまっていますが・・・

なんと、売れ筋ナンバーワンで、売り上げが右肩上がりになってきたこのモデル、次のバーゼルで
モデルチェンジ
です。モデルチェンジ予定と言った方がいいのかもしれませんが。

えっ!!売れてんのになんで!!
ですよね。


さらにさらに、エグザイルのボーカル・タカヒロも愛用している、ブライトリングの顔とも言える「クロノマットエボリューション」kurono

突然の生産終了http://www.breitling.co.jp/products/chronomat_fin/


もーね、一般ピーポーには理解不能の領域です。

売れないシリーズの生産終了が普通一般ですよね。なんていうか、頑張って努力して、やっと成功して起動に乗ったら、全てを捨てる!的な。

まーね、そういうところがたまりません^^ポリシーというか。


あっと、ポリシーと言えば、腕時計メーカーごとにポリシーがあって、そんなのも面白いです。



例えば、ブライトリングは、正規代理店と、並行輸入店(中古販売店)での購入者(オーナー)を差別します。

正規代理店での購入者は、クラブ・ブライトリングのメンバーとなり、一生オーバーホールが半額なうえ、年一回各地方都市で開催されるブライトリングフェア(ワイン飲み放題)に無料で案内され、ブライトリングラウンジ(東京、大阪)が使い放題(ジュース飲み放題、ネット接続可)で。年に二回ほどブライトリング雑誌が送られてきます。

これが、並行輸入や中古販売では一切ありません。


ロレックスでは、まったく差別はありません。そこら辺が、リセールバリュー(中古値)の差に現れます。本物であればですが(笑)
本物かどうかなんてのは、フタを空ければ一目瞭然なんです。外見は真似できても。そんなものをオーバーホールに出したら、即効付き返されて送料まで要求されます(笑)。

あの安っぽい中身をどうやって修理するのか・・・ある意味で、それができる人は本物かもしれませんね。だってね、だいたいニセの品物作ってるのってどこですか??後進国です。
大体どんなものが中に埋め込まれてるか分かりますよね。鉄板だって若干曲がっていたり・・・。その曲がったものを絶妙な曲がり具合に治すと。こんなのも凄い技術です。バカにできません。私だったら・・・・中身丸ごと入れ替えるかな。いや・・・・・・入れ替えた分の料金を請求しても、恐らくニセを買う人は払わないからやっぱ門前払いですね^^


えー次に、もっとヒドイのはフランクミューラーです。正規代理店以外での購入者を人扱いしません(笑)
オーバーホール、修理、一切受け付けないんです(驚)。
中古で購入予定の方は気をつけて下さい(笑)。

オメガもまったく差別しません。そのうえ、中古の値落ちが大きく(1/2以上)、それだけに正規代理店での購入の良さがあまりないので、なんと正規代理店でも大幅な値引きが可能です。

これに対して、ブライトリングは正規代理店での一切の値引きを許しません。


こう見ていくと、それぞれのメーカーのポリシーがあって、腕時計を違った側面から見れて面白いですよ^^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック