上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国家公務員の給与1割カットですか・・・。
(他人事ではなくて、大手等の一般企業の給与は国家公務員に準拠しているところが多いんです。ウチの会社も例外ではありません)

しかも自分達閣僚、国会議員の給与には手を付けず。ですか。


あのですね。・・・若手国家公務員や若手社員の年収400万円の1割カットはホントに死活問題なんですよ。生活できません。

閣僚、国会議員って年収最低でも3000万円でしょ。半額にしても1500万円ですよ!

名古屋市の議員は800万円です。ちょっと先に手をつけるべきところがあるでしょ。

地方公務員の住民票の窓口の職員とか、選挙の職員とか、あの人たちが国家よりも高額給与なのもおかしい気がします。


子供手当も26000円が13000円(半額)になり、さらに今度は10000円ですか。
さらに、子供の扶養控除は廃止です。

あの~子供を産み育てているのは若手なんです。

でも、年金ばかり議論されてます。


なるべくしてなった少子化です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あらま。
また国家公務員に人事院勧告出たのね。
うちも他人事じゃないな。
働き始めて一カ月、地方は国家と比べて、まだ恵まれてるなぁという印象はあるかなぁ。
こっちにメスが入るのも時間の問題だとは思ってます。。。
2011/05/08(Sun) 16:09 | URL | さな | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。