上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんお疲れ様でしたっ!!

どうでしたか??

過去の合格点は60問中
平成15年:36点
平成16年:39点
平成17年:41点
平成18年:37点
平成19年:39点
平成20年:39点
平成21年:37点


私の率直な感想は・・・
やっぱ甘く無いな~

3年、4年かかるのが普通の試験ですから。
今年のデータを見ると21年間受けてる人もいるみたいですし。


私、実は、ゴールデンウィーク前に平成21年の過去問を通しでやってみて、その時の点数が22点でして(笑)。もーね、一年分やるのがシンドイのなんの。3時間半で60問でしょ。そしてこれがまた1問の問題文が長い!!

そして、さらにさらに、「正しいものはどれか?」ではなくて「正しいものはいくつあるか?」の問題が多いんです。この問われ方をすると難度がグーンと上がります。

5択のうち、4つの肢を、全て理解できても、残りの1肢が分からなければ、もうアウト。

1→○
2→○
3→○
4→○
5→○??or×?? えいやで○

回答5→答え4 げっ!! 

といった感じで。

「正しいものはどれか?」だと、大げさに言えば4つの肢が分からなくても、決定的な1つの肢がわかればそれで答えを導けます。

だから、単純に5択だからといって60問中1/5の12点を取るのも難しいかもしれません。


まーそれで平成21年の過去問をやった時は、問われてることも難しい上に問題も長く、10問くらい解いた所で、かなり体力的に辛かった・・・・。シンドイ・・・・。と。
それでゴールデンウィークはインフルエンザ?にかかったのかもしれません(笑)


なので今回の試験は、私にとって、ゴールデンウィーク明けてから2週間でどれだけ伸びたか?が問われる試験だったわけです。妻にも無理を言って、この2週間は、仕事後と土日、勉強する時間を頂きました。ありがとう。


さて、肝心な今日の試験ですが、まわりがオッサンだらけでビックリしました(笑)※試験官以外、若い人いなかったかも

じゃなくて、どうでしょう・・・・。


ゴールデンウィーク前に通しでやった平成21年分の時よりは、シンドくなかったです^^。

正解かどうかは分かりませんが、聞かれていることは分かるよーウンウン。みたいな。




明日(月曜)の夜に、特許庁から正解が発表されます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。