上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今国会会期の70日延長を議決した22日の衆院本会議で、自民党の河野太郎、岩屋毅両氏が党の方針に反して延長に賛成した。これに対し、同党の谷垣禎一総裁は記者団に「誤解か勉強不足に基づくものだ」と述べ、両氏の造反に不快感を示した。
 本会議に先立つ同党代議士会で、河野氏は「世の中が望んでいるのは、国難に際して与野党が団結して取り組むことで、会期をめぐってへ理屈をこねることではない」と執行部の対応を批判。岩屋氏も「菅直人首相が居座るのはけしからんが、首相進退と会期延長を絡める自民党の姿勢は国民に理解されない」と訴えた。
 代議士会では秋葉賢也氏も「党の決定に納得できない」と異議を唱え、採決を欠席。また、小野寺五典、後藤田正純両氏ら7人が執行部に無断で欠席した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(from時事通信)


私、この記事を読んで、河野さん正しい!!

と思いました。みなさんどうですか?


被災者を尻目に政治ごっこをいつまでもやってるんじゃないよと。


菅さんはアピールばかり、谷垣さんはなんでも自分が総理になるために屁理屈。



そこには私欲を肥やしたい、権力を握りたいという我欲がからんでいて、そんな我欲に基づいて政権運営やっているから日本が弱っていくんじゃないですか??


いっぽんスジの通った、正しいことをする時が、人間馬鹿力が出るんだと思うんです。そんな河野さんを勉強不足だと言ってしまう・・・まさに我欲です。


心の底から一本スジの通った正しいことを、権利権力に惑わされず唱え、訴えるリーダーが今の日本を復興させるには必要です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。