一つの英文を面白おかしくして覚えてしまえば、一度に数個の単語を覚えれます。

例えば

「He resented aggressive Izawa trying to make him sign the contract.」[Duo3.0例文130改]
(彼は契約書に無理やりサインさせようとする強引なイザワに腹を立てた)

これだけでrezent aggressive try to make him sign contract  が覚えれます。

インパクトのある文であればあるほど覚えれます。

「Do you mind if I stop by your house?」
(俺、君の家行ったりしたら嫌かな?)
「NO, not at all. Be my guest」       [Duo3.0例文201]
(いいわよ。遠慮しないで)



なんてもうドキドキもんです。絶対この質問は覚えたいですな。
回答が来るのが怖いですけど。

I can't put you up. For one thing, my dad drops in on me from time to time.[Duo3.0例文203]
(泊めれないわ、気づけばパパがふらっとやってくるから)

なんて言われたら泣

stop by で「立ち寄る」
put up で「泊まる」
drop in on 人 で「人の所へぶらっと立ち寄る」
from time to time 「時々」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
弁理士試験受験生なら・・・
著作権法32条の引用要件を満たしましょう。

例文1:Duo3.0例文130改
例文2:Duo3.0例文201
例文3:Duo3.0例文203
2009/07/10(Fri) 12:39 | URL | MrB | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック