FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、リスクマネジメントに関する仕事が多くなってきました。
問題勃発の前に、どのように回避するか・・・ですね。

そんなこともあって、リスクマネジメントについて日々考えていますが・・・・・

「このハゲー!!」

と、テレビから聞こえてきました。

はい、豊田議員ですね。世の中のハゲにまずは謝罪してください。

このタイプ、個人的には本当に本当に本当に許せません!

なぜかというと、私もこのての被害に遭った経験があるからです。
(後で、その上司が精神病だったことが分かりました。)

さらに、突然、なぜかテレビに出て謝罪・・・・。と思ったら出馬するとか・・・ありえんだろ。

豊田議員が、ということでは無いですが、25人に1人の割合(4%)でこのように、相手の気持ちを考えられない「反社会性パーソナリティ障害(診断上の概念名=サイコパス)」が存在するそうです(アメリカのハーバード・メディカル・スクールの心理学者マーサ・スタウトによる(「サイコパス」中野信子著))。

「モラル・ハラスメント 人を傷つけずにはいられない マリー=フランス・イルゴイエンヌ著」によると、このタイプは「自己愛的な変質者」とされています。

このタイプ、相手の気持ちを考えずに自己利益のために相手を怒鳴りつけることが可能ですが、意外と政界の権威のある世界で大物になったりもします。

このようなタイプは職場にも当然います。25人に1人の割合で存在する、この自己愛的変質者に遭遇してしまったら、それはもう事故です。

個人の経験からも、このような自己愛的変質者から身を守るリスクマネジメントは絶対に必要だ!!という思いが止まらず・・・


このたび、大学院でハラスメントのリスクマネジメントを研究するに至りました。


知財関係法、民法(選択科目において選択予定)への興味は引き続き強いですが、その中にハラスメントのリスクマネジメントが入ってきました。

上手く融合して仕事に活かせればいいのですが。。。。

電通事件などハラスメント被害者は未だ後を絶たず、ニーズは必ずあると思うので・・・・。


「知財とハラスメント」


全く融合が想像ができませんね。

起業成功の理論では、そういうところにこそ(先駆者がいない未開分野)チャンスがあります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。