上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党のマニュフェスト
子供手当て1人あたり2万6000円支給し、配偶者特別控除の廃止
に関しては私大賛成です。

が!

官主導を改め政主導にする「脱官僚」についてはハッキリ言って無理だと思ってます。
だって無理でしょ。
聞こえはいいですけどね。

例えばこのサイト見ている人、突然「年金の制度を変えてくれ」と言われてできますか?
国民年金法、厚生年金法を細かく知ってます?所得税法について詳しく知ってます?私は知りません。どういう基準があって、どんな特例があって、何パーセントいつ徴収され支給されるのかetc
ためしに政治家になったつもりで所得税法を問題意識をもって読んでみてください。
きっと途中で眠くなります。
政治家主導でって事はそういうことです。
このサイトを見ている人が、突然議員になることだってありえるんです。小泉さんの時にそれは顕著に現れましたが。
議員さんってそもそも人波の専門家でしょ?
わかりやすく言えば営業マン的な人。人脈に関してはすごい!みたいな
そうでなくても運があればなれてしまう場合だってある。

だから各種専門的な事についてはド素人ですよ。

所得税に関しては税理士もそうですが、専門家集団は霞が関の財務省です。
国民年金に関しては社会保険労務士もそうですが、専門家集団は霞ヶ関の厚生労働省です。
特許に関しては特許庁を外局にもつ経済産業省が専門家集団です。

特許に関しては特許法を読解するのが難しいから弁理士試験がそれだけ難関なんですよね。
素人が、特許の制度を変えてくれと言われて、できるものじゃない。

国会は唯一の立法機関ですが、その実態は専門家集団である各省庁が法律案をつくってるって事はそう考えれば当然ですね。

法律案を各省庁が作成し、関係省庁と協議をし、晴れて法律案を閣議に提出します。そして、閣議を経て、内閣の意思として国会の審議を受け、可決され、法律として成立する。
というのが一連の流れです。


政治主導にするならば、議員さんも席に座って寝ているだけじゃなくて、必死に省庁をひっぱれるくらい勉強しないといけません。うーん・・・・無理でしょ。
チェックくらないならって・・・霞ヶ関の官僚以上に勉強していないと、チェックなんてやっぱできないですよ・・・・・・無理でしょ。

政 こんな予算いるの?
官 はい、必要です。
政 なんで必要?
官 AとBとCで必要で、Dという可能性もありますので。
政 いや、Aじゃないって時あるでしょ?
官 そのときはA-になり、余計に必要になります。
政 ・・・・そうか。しょうがないな

ってなっちゃいますよね。よっぽど勉強してないと。


政治家が初めて所得税法や特許法を1条から最後まで読んで、1時間くらいで理解できてしまうようなスペシャルな人なら別ですけど・・・・・・。

いや、そうい人にこそ日本をしょって立つ政治家になって欲しい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。