上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉田兼好のかの有名な徒然草の有名すぎる序段(書き始め部分)

つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて、心の移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。


これ、訳すと
することもなく余りの暇に任せて、一日中、硯に向かって、私を発散させるかのように心に流れ込む感情をひたすら書き続けていくと、自分ながら妙に感じられるほど――興がわいて来て――何だかものに憑かれたような気さえして筆を進める。


徒然草って・・・・ブログやったんや・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。