上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでは

特許法17条の3
 特許出願人は、特許出願の日(第41条第1項の規定による優先権の主張を伴う特許出願にあつては、同項に規定する先の出願の日、第43条第1項又は第43条の2第1項若しくは第2項の規定による優先権の主張を伴う特許出願にあつては、最初の出願若しくはパリ条約(1900年12月14日にブラッセルで、1911年6月2日にワシントンで、1925年11月6日にヘーグで、1934年6月2日にロンドンで、1958年10月31日にリスボンで及び1967年7月14日にストックホルムで改正された工業所有権の保護に関する1883年3月20日のパリ条約をいう。以下同じ。)第4条C(4)の規定により最初の出願とみなされた出願又は同条A(2)の規定により最初の出願と認められた出願の日、第41条第1項、第43条第1項又は第43条の2第1項若しくは第2項の規定による2以上の優先権の主張を伴う特許出願にあつては、当該優先権の主張の基礎とした出願の日のうち最先の日。第36条の2第2項本文及び第64条第1項において同じ。)から1年3月以内(出願公開の請求があつた後を除く。)に限り、願書に添付した要約書について補正をすることができる。


これも頭から読んでると嫌になりますね。
そこでのぶっち流でいきます。多きな( )をすっとばします。すると

特許法17条の3
特許出願人は、特許出願の日から1年3月以内(出願公開の請求があつた後を除く。)に限り、願書に添付した要約書について補正をすることができる。

だいぶスッキリしましたね。
ここまでスッキリすれば解説することはもう無いでしょうが・・・。
出願公開の請求について少し。これも後々の条文で出てくることなんですけど・・・
ほんとになんでこんな順番になってるんでしょね。特許法は。
特許の出願をしたらば、必然的に特許庁の審査官によって手続きが進むわけではありません。そう!特許庁の業務量が多くなってしまうからです。
そこで!これもお役所的なんですけど、審査官に審査をお願いしますと多大な手数料を払ってお願いします。これが出願審査請求です。特許出願から3年の間にできます。
この出願審査請求から1年6月たてば、自動的にその出願の内容が公開されます。
自動的に公開されるのになんで公開の請求が必要なのか?
それは、もし特許出願中の内容を他人が勝手に実施していた場合に、特許になった後にその人に侵害相当額を請求できるんです。で、その侵害相当額の算定の始まりは公開からなんです。なので公開を少し早めにする実益があるんですね。

そして( )内に何が書いてあるかというと
特許出願日は
・国内優先権の主張を伴う場合=先の出願日
・パリ条約による優先権の主張を伴う場合=最初の出願日
・2以上の優先権主張を伴う場合=最先の出願日
ですよってこと

これも今の段階では何のことだかさっぱりですよね。
すっとばしで読んでいかないとハマリますよホント。
後で優先権とかやった後で読み返せばいいんです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。