上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
では17条関連、最後です。

第17条の4
特許無効審判の被請求人は、第134条第1項若しくは第2項、第134条の2第3項、第134条の3第1項若しくは第2項又は第153条第2項の規定により指定された期間内に限り、第134条の2第2項の訂正の請求書に添付した訂正した明細書、特許請求の範囲又は図面について補正をすることができる。
2 訂正審判の請求人は、第156条第1項の規定による通知がある前(同条第2項の規定による審理の再開がされた場合にあつては、その後更に同条第1項の規定による通知がある前)に限り、訂正審判の請求書に添付した訂正した明細書、特許請求の範囲又は図面について補正をすることができる。


これ、1項は特許無効審判を請求された場合に、明細書、請求の範囲、図面につて補正をすることができる期間が書いてあります。全てまだやっていない条文なので、へー特許無効審判を請求された時に対抗策で補正をできる期間があるんだなーくらいで。

2項は特許権となったあとに、内容を変更したいときに訂正審判を請求します。その訂正したい内容をさらに補正をしたいときに補正可能期間があるんだなーくらいで。



17条どうでしたでしょか?
なんとか切り崩せましたね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。