上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日に嫁の親の兄弟が長男の時と同様、産まれた次男を見ようとはるばる淡路島から総勢7名、車に乗ってやってまいりました。

淡路島だけに漁師だったり、魚の卸の仕事してたりするわけですが、初めて「弁理士」の本をとって、第一声が

「弁理士って何や?便利屋さんのことか?」

私、言われたの初体験でした。
様々な資格本で弁理士は便利屋と間違われるという記載は良く見ましたが・・・・・・
まさか本当だとは。ビックリしました。


特許に関する仕事です。と言ったらば
「特許ってあのぎょうさん儲けよる(儲けれる)奴か!」
とまあ、そこらへんはよく知ってるみたいで・・・・かかとを切ったスリッパとか
それからは本に釘付けでした。

特許は知られてるけど、弁理士ってあまり知られてないんですね。


ちなみに淡路島でも司法書士と税理士はとってもよく知られた職業でした。

海に関する仕事だから海事代理士なら結構知ってるかな~なんて思って話をふってみたらば・・・
○○丸の船長に会った事があって、とっても光栄だったとか・・・・よく分からない話の展開に・・・
結論としては、今度淡路島へ行ったときにタコの踊り食いをご馳走していただけるそうです。海事代理士からタコの踊り食いへ。まー人生なんでもありです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。