上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近会社に英会話へ行かせてもらっているんですけど、日常会話で「とっても」とか「すごく」をよく使っていたことに気づかされました。

自分の体験を英語で話す場面なんて、何回「very」「quite」「tremendous」「super」「more than a litte」を言ってるか分からないくらいです。

「very tired」「very beautiful」「quite different」etc・・・・

強調の英語を覚えれば、たいていの日本語を英語にできるのでは?と思うくらい。

「旅行で広島へ行ったんだけど、とっても疲れました。でも景色はそれはそれは最高でした。是非是非もう一度行きたい」とまあこんな感じです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。