それでは久しぶりにいってみましょう

特許法18条 
特許庁長官は、第17条第3項の規定により手続の補正をすべきことを命じた者が同項の規定により指定した期間内にその補正をしないとき、又は特許権の設定の登録を受ける者が第108条第1項に規定する期間内に特許料を納付しないときは、その手続を却下することができる。
2 特許庁長官は、第17条第3項の規定により第195条第3項の規定による手数料の納付をすべきことを命じた特許出願人が第17条第3項の規定により指定した期間内にその手数料の納付をしないときは、当該特許出願を却下することができる。

特許法18条の2 
特許庁長官は、不適法な手続であつて、その補正をすることができないものについては、その手続を却下するものとする。
2 前項の規定により却下しようとするときは、手続をした者に対し、その理由を通知し、相当の期間を指定して、弁明を記載した書面(以下「弁明書」という。)を提出する機会を与えなければならない。



これ第18条は17条3項補正をしない場合と、必要手数料を単純に収めない場合についてです。
それに対して18条の2は補正のしようが無い場合です。

補正のしようがなければ、当然に却下です。ここで必要なのが「弁明書」
でも、お金を払えばいいだけ。とか、補正してくれればって時は「却下することができる」になってます。
特許庁長官の裁量で、別に却下しなくてもいいんです。

特許庁長官ととっても仲良しとかで、「金はらえんわー」「まあしょうがないな~」みたいな感じでしょうか。
まあそんなわけないか。


ところで17条3項補正って何だったか覚えてますか??
実体的に
7条、9条に違反していた時の補正です。
ここで8条違反は補正の機会も与えずに却下!
8条はなんだったかというと・・・・そうです。あの特許庁都合の条項です。覚えてます?
方式的に
書き方間違えたとかの時の補正です。
あとは手数料払ってないときです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック