上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特許法20条 
特許権その他特許に関する権利についてした手続の効力は、その特許権その他特許に関する権利の承継人にも、及ぶものとする。

さて、特許を受ける権利を持つAさんに特許庁が拒絶理由通知を出したとします。その後、特許を受ける権利がBさんに移転した場合に、特許庁はもう一度Bさんに通知を出す必要があるか??

今までの特許庁のスタンスを前提に考えてみてください。

答え=出す必要はない

その裏付けがこの条文です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。