上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特許法4条 
特許庁長官は、遠隔又は交通不便の地にある者のため、請求により又は職権で、第46条の2第1項第3号、第108条第1項、第121条第1項又は第173条第1項に規定する期間を延長することができる。

特許庁の一番エライさんは、申請者が遠隔地だからってことで可哀相だから職権で期間の延長をすることができます。まあ本人が遠いからなんとかして~って言ってきてもいいんだけどね。

まあどうしてもって事で、それは遠いわ~不便やわ~って事で指定した期間を延長できるんだけどさ、遠いな~とか不便やな~って判断しにくいな。たぶん通則かなんかで決まってるんやろな。何県何市はOK!みたいな

そんじゃあどんな期間を延長できるか。
①46条の2第1項第3号
②108条第1項
③121条第1項
④173条第1項
以上の4つ

は~結構めんどいな~
特許法って独特で、いっぱい条項をあっちみたりこっちみたり・・・・これは挫折するはずやわ

ではまず①から順に
①は実用新案権(特許権よりも審査がゆるく、発明ほど高度でなくてもよい代わりに3年という短い期間しか保護されない)を特許権に変える申請ができるんだけど、それは、実用新案権の技術評価の請求ってやつがされた時に、その通知があってから30日以内にしか申請できん。この30日

②特許になってから30日以内に3年分の特許料を払わなあかん。この30日。

③特許ができなかった(拒絶査定っていう)ときに、不服があるときに、3ヶ月以内に不服審判を請求できる。この3ヶ月

④③の審判が終わったあとに、再審を請求するときは、再審の理由が発覚してから30日以内。この30日。


いやいや、意外とすんなりいったな。

でも・・・・③の拒絶査定不服審判請求は出血大サービスやな。他は30日だけど。
まあ②になんてヤラシイな~。金もらえるからえ~よ~延長してもみたいな
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。